トップ犬の種類ま行に属する犬の種類ミニチュアアメリカンシェパード

ミニチュアアメリカンシェパード

 ミニチュアアメリカンシェパードの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ミニチュアアメリカンシェパードの基本情報

ミニチュアアメリカンシェパード
  • 体高
    オス⇒ 36~46cm
    メス⇒ 33~43cm
  • 体重
    オス⇒ 7~16kg
    メス⇒ 7~16kg
  • 分類
    ハーディンググループ

ミニチュアアメリカンシェパードの歴史・ルーツ

 ミニチュアアメリカンシェパードの起源は、1960年代後半にアメリカ・カリフォルニア州を中心に牧畜犬として活躍していたオーストラリアンシェパードだと考えられています。1970年代半ばには現在の体の大きさとなり、80年代には「ミニチュアオーストラリアンシェパード」という名で知れ渡るようになりました。1990年には犬種クラブ(MASCUSA)が設立され、1993年には一時「ノースアメリカンシェパード」と改名されています。2011年5月、現在の名前に変更されると同時にAKCから「FSSステータス」を獲得し、2015年1月にはイギリスの「UKC」、そして2015年7月にはアメリカの「AKC」から正式な公認を受けました。

ミニチュアアメリカンシェパードの性格・特徴

 ミニチュアアメリカンシェパードの性格は、エネルギーに満ち溢れて万能です。仕事をすることに喜びを感じるタイプで、服従トレーニングにはよく反応します。一方、見知らぬ人に対してはやや警戒心を示すことがあるようです。
 ミニチュアアメリカンシェパードの特徴は、類い稀なる敏捷性のほか、力強さとスタミナを持ち合わせた高い身体能力です。険しい地形でもスムーズに移動できます。鼻の色は黒か深紅色、目の色は茶色、ブルー、ヘーゼル、アンバーなどです。被毛はストレート~ウェイビー、中間程度の長さを持ち、色にはブラック、ブルーマール、レッド、レッドマールなどのバリエーションがあります。また生まれつき尻尾がない「ボブテイル」の個体もいます。

ミニチュアアメリカンシェパードのお手入れ・注意点

 ミニチュアアメリカンシェパードには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。非常に活発な犬種であるため、運動不足は厳禁です。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ミニチュアアメリカンシェパードの動画

 以下でご紹介するのはミニチュアアメリカンシェパードの動画です。
 身体能力が高いことからアジリティ競技などで大活躍します。基礎犬となったオーストラリアンシェパードの体高が46~59cmであるのに対し、ミニチュアアメリカンシェパードのそれは36~46cmと、一回りほどコンパクトにまとめられています。
元動画は⇒こちら
ミニチュアアメリカンシェパードトップへ