トップ犬の種類ペットショップで犬を買う前に

ペットショップで犬を買う前に

 衝動買いによってパピーミル(悪徳繁殖業者)に加担してしまわないための注意点について解説します。ペットショップに行く前に必ずお読みください。

絶対に必要な質問

 犬を飼いたいと思ったとき、まず真っ先に頭に思い浮かぶのは「ペットショップ」だと思います。路面沿いに店舗を構えた小規模なお店を思い浮かべる人もいれば、ショッピングモールにテナントとして入っている比較的大きなお店を思い浮かべる人もいるでしょう。もしこれからこうしたペットショップで犬を買おうとしている人がいたら、お店の店員に必ず次の質問を投げかけてみてください。
この子犬はどこで生まれましたか?
 店員は「信頼のおけるブリーダーの元で生まれました」といった漠然とした返答をするかもしれません。その場合は、「どこに住んでいる何というブリーダーの元で生まれましたか?」とさらに突っ込んで聞いてみましょう。店員は「個人情報に関わる事ですので、お教えできないことになっています」とか「仕入れの方は担当外なのでよくわかりません」といった煮え切らない返答をするかもしれません。もし子犬の来歴に関する質問を投げかけても、上記したような適当な返答をするばかりで明確な答えをはぐらかすような場合は、すぐにそのお店を出た方がよいでしょう。さもないと、そのお店で子犬を買うことにより、見るのも聞くのもおぞましい「パピーミル」の共犯者になってしまう危険性があります。 犬・猫の小売 ペットショップに陳列されている子犬の来歴を、店員が積極的に教えることはない
ページトップへ

犬の「せり市」

 はっきりとした来歴がわからない子犬たちは、一体どこからきたのでしょうか?ペットショップのショーケースに並べられるひとつ前の段階に戻って見てみましょう。
 店内に常時数十頭単位の犬を確保しているような中~大型店舗では、商品として売ろうとする子犬たちを大量に仕入れる必要があります。そのときによく利用されるのが「ペットオークション」と呼ばれるシステムです。このシステムでは「オークション」という名前が示している通り、各地から集められた子犬たちが段ボール箱に詰められ、さまざまな店舗から集まったバイヤーによって競り落とされていきます。ちょうど野菜のせり市のような感じです。 オークション会場で野菜のようにコンベヤーを流される子犬  オークション会場は秘匿性が高く、ペットショップを運営していたり、これからペットショップをオープンさせようとする人以外は、なかなか入ることができません。会場を視察したことがある作家の渡辺眞子さんは、内部の様子を以下のように描写しています。
 会場は市街地から少し離れた貸倉庫のような場所。中に入ると仕入れに来た業者の席がひな壇のように並び、その中央に手動のベルトコンベヤーのようなものが設置されていました。まず午前中に動物の餌やアクセサリーなどペット関連グッズが扱われ、次に鳥のヒナやウサギなど単価の安い小動物、その後にサルとか鳥類といった犬猫以外のペット、そして休憩を挟んで午後から犬と猫のオークションが始まります。段ボール箱に入れられた子犬や子猫がコンベヤーに乗って買い手の前に流れてきます。そこで白衣を着た担当者が会場全体に見えるように箱から1頭ずつ掴み上げて犬種と雌雄、血統書の有無や身体的な特徴を読み上げ、初値を決めると値付けが始まります。設置された大きなスクリーンに設定された初値が映し出され、そこから価格は自動的に少しずつ上がるのですが、手元のリモコンボタンを最後まで押し続けた人が落札するというシステムでした。そのコンベアは会場の外の駐車場に直結しており、買い手が決まると、そのまま車で運ばれていくという一連の流れになっていました。 それでも命を買いますか?
 上記したように、各地からオークション会場に運ばれてきた子犬たちは、まるで野菜か何かのようにコンベヤーの上を流され、次から次へとペットショップのバイヤーの手に渡っていきます。会場には健康な犬もいれば、寄生虫や感染症を保有した不健康な犬もいることでしょう。しかし多くの場合、子犬を病気から守ろうとする特別な配慮もなければ、見知らぬ場所に連れて来られて怯えている子犬たちのストレスを緩和しようとする配慮もありません。売る側も買う側も、子犬たちを商品としてしか見ていないのです。 犬・猫のせり・オークション
ページトップへ

パピーミルと子犬

 オークション会場に来る前、子犬たちは一体どこにいたのでしょうか?さらに時間を遡って見てみましょう。
 子犬を繁殖する業者は一般的に「ブリーダー」と呼ばれます。しかしその内容に関してはピンキリで、犬の健康や福祉を十分に考えた「シリアスブリーダー」(真面目なブリーダー)と呼ばれる人たちもいれば、ただ単に犬を商品として扱い、劣悪な環境下で繰り返し繁殖を行う「パピーミル」(悪徳繁殖屋)と呼ばれる人たちもいます。残念ながら、ペットショップに陳列されている犬たちの大部分は、後者において生み出されているというのが現状です。 狭いケージにすし詰めにされたパピーミルの繁殖犬たち  パピーミル業者はなるべく利益を大きくするため、人件費を削減して大量の子犬を繁殖させようとします。その結果、生まれてきた子犬に対するケアが不十分となり、感染症や寄生虫が蔓延してしまうということがしばしば起こります。例えば2015年、北里大学獣医学部小動物内科学研究室の調査チームは、東北地方にある4ヶ所のペットショップで2008年と2013年におけるジアルジア(寄生虫の一種)の感染率を比較しました。その結果、ペットショップやブリーダー経由の子犬におけるジアルジア感染率は2008年が24.8%、2013年が29.5%という極めて高い値を示したといいます(→詳細)。ジアルジアは、寄生虫の未熟形態である「シスト」を含んだ糞便を口に入れてしまうことで広がる経口感染症です。ペットショップやブリーダーから来た子犬たちの感染率が高いという事実は、子犬たちが生まれた後、感染した犬と感染していない犬がごちゃまぜになり、糞便がしっかりと処理されないまま放置され、食糞行動が横行しているということを意味しています。 パピーミルで生まれた子犬達は一箇所に詰め込まれ、糞便の処理もされない  「パピーミル」を直訳すると「子犬工場」となりますが、悪徳繁殖業者にとって子犬たちは、機械から次から次に出される単なる部品にすぎないのです。そこには、本来あるべき母犬と子犬の健全な交流や、豊かな社会性を育むための人間との触れ合いなどありません。あるのは「高く売れそうか?」という商売根性だけです。
 2015年10月に発行された「アエラNo.44」(朝日新聞社)内の記事「年2万匹死ぬ流通の闇」(P62)によって、1年間に売買される犬や猫のうち、流通過程で死んでしまう数が「23,181頭」という膨大な数に達することが明らかになりました(→詳細)。その中には、劣悪な環境下で放置され、適切なケアを受けなかったがために命を落とした子犬たちや、ちょっとした障害を抱えていたため生後間もなく間引かれた子犬たちが、相当数含まれていると推測されます。こうした「流通死」の背景にあるのは、子犬達のことを単なる機械部品としか考えていないパピーミルの金儲け主義です。 犬・猫の生産 平成25年度の行政殺処分数と、2014年度における流通過程の犬死亡数比較グラフ
断尾を知っていますか?
 「断尾」(だんび)とは、生まれて間もない子犬の尻尾を人為的に切り落としてしまうことです。主に、人間が勝手に決めつけた「犬種標準」に犬の姿を合わせることを目的として行われます。ヨーロッパではすでに動物虐待であるという認識が進んでおり、多くの国で施術が禁止されています。一方、日本では法律でも条例でも禁止しているところはなく、一部の獣医師のみならず、医学的知識のないブリーダーが自ら行うという無法状態が続いています。
 最新の研究により、「断尾」には何のメリットもないことが証明されています。また「子犬は神経が未発達だから痛みを感じない」という言い分には、医学的に何の根拠もありません。日本で人気が高いトイプードル、ジャックラッセルテリア、ミニチュアシュナウザーといった犬種は、「犬種標準に合わせる」という全く無意味な目的のためだけに尻尾を切り落とされています。医学的知識のない悪徳繁殖業者が行った断尾によって、一体何頭の子犬たちが痛みに泣き叫んでいるのでしょうか?想像しただけでゾッとします。 犬の断尾 断尾の失敗により尻尾の先が壊死を起こした子犬
ページトップへ

パピーミルと繁殖犬

 子犬たちを生み出すために絶対に必要なのが母犬の存在です。「繁殖犬」と呼ばれるこうしたメス犬たちは一体どのような環境で生活しているのでしょうか?
 国内外のニュースを見ていると、時折「ブリーダー崩壊」という言葉を目にすることがあります。これは悪徳繁殖業者が経営に行き詰まり、確保していた繁殖犬たちを一度に大量に飼育放棄する現象のことです。パピーミルが崩壊した時の現場写真をいくつかご紹介します。 長崎におけるパピーミルの崩壊現場 東大阪におけるパピーミルの崩壊現場 狭くて不潔なケージに入れられた状態の繁殖犬たち  写真からも分かるとおり、繁殖犬たちは必要最小限のケアすら与えられていません。被毛や爪は伸び放題で手入れされておらず、狭いケージの中に閉じ込められたまま散歩もしてもらえません。ひどいときにはこの状態が一生涯続きます。このような劣悪な環境下に軟禁された繁殖犬たちは、発情期が来るたびに出産を強要され、次から次へと子犬を生むことを余儀なくされます。パピーミル業者にとって子犬たちが「機械部品」 ならば、子犬たちを生み出す繁殖犬たちは部品を作り出す「工業機械」にすぎないのです。そこでは、犬たちを生き物として扱う意識などさらさらなく、まして動物にとって必要最低限な「5つの自由」(飢えと渇き・不快・怪我や病気・恐怖や苦悩から解放され、正常な行動を表出する自由)など期待すべくもありません。こうした哀れな繁殖犬たちから生み出されたのが、後にペットショップに並ぶことになる子犬たちなのです。 犬・猫の生産
人気犬種の遺伝病
 犬種には必ずと言ってよいほど特有の遺伝病が付随しています。例えば、日本でここ10年ほど人気犬種トップ3に入っているトイプードルでは、「進行性杆体錐体変性症」(PRCD)がそれに相当します。本来ブリーダーは、犬が成長してから遺伝病が発症しないよう、事前に遺伝子検査を行い、病気に関連した遺伝子を保有した繁殖犬をラインから除外していく必要があります。しかしこれは理想論であり、実際は犬の健康や福祉よりも金儲けが優先されているようです。
 鹿児島大学を中心とした研究チームは、日本国内で2003年から2014年の間ずっと人気犬種のTOP3を占めているトイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフントの3犬種を対象に、上記遺伝病を生み出す「PRCD遺伝子」の保有率を調査しました。その結果、トイプードルでは16.5%という高い保有率が見出されたと言います(→詳細)。この病気の遺伝子検査は2006年の時点ですでに開発されているため、すべてのブリーダーが責任を持って繁殖犬の遺伝子検査を行っていれば、今頃は犬種の中から原因遺伝子が駆逐されているはずです。しかし実際は16.5%という高い値をキープしています。この事実は、犬の健康や飼い主の苦労なんかより、とりあえずバンバン子犬を産んで金儲けしようという拝金主義がペット市場を覆い尽くしていることを意味します。
ページトップへ

ペットショップに行く前に

 ペットショップに並んでいる子犬たちが、一体どこで生まれ、どのように輸送され、どのような流通経路を通ってきたのかを概観したところで、もう一度最初の質問に立ち戻ってみましょう。
この子犬はどこで生まれましたか?
 この質問に対し、ペットショップの店員が答えられないのはなぜでしょうか?そもそも子犬がどこから仕入れられているのかを知らないということもあるでしょう。しかし仮に知っていたとして、それをお客さんに正直に伝えることができるのでしょうか?劣悪な環境下で出産を強いられる繁殖犬、糞便の転がる狭いケージ内にすし詰めにされる子犬たち、子犬たちをまるで野菜のように扱うオークション会場。このような現実を知っていた場合、適当に言葉を濁したり、「知りません」の一点張りで話題を避ける方が自然というものでしょう。繰り返しになりますが、もし子犬の来歴をしっかりと回答できないようなペットショップがあった場合、すぐに立ち去るのが賢明です。万が一子犬を買ってしまうと、犬を工業機械としか思っていないパピーミル業者を間接的に支えてしまうことになります。 子犬の来歴を胸を張って言えないペットショップから子犬を買ってはいけない  これから犬を飼おうとする方は、ぜひ「保護犬を引き取る」という選択肢を考えてみてください。保護犬たちの中には、パピーミルで生まれたあげく質の悪いペットショップに卸され、衝動買いをした無責任な飼い主に捨てられた子たちがたくさんいます。暴力を始めとする肉体的な虐待を受けたり、「庭につなぎっぱなし」といったネグレクト(怠慢飼育)の犠牲になった犬たちもいることでしょう。子犬の頃から天寿を全うするまで一緒に暮らし、愛情をかけ続けるのも1つの飼育スタイルです。しかし、生涯の前半で辛い経験をした犬たちの、残りの「犬生」を豊かなものにしてあげるという飼育スタイルがあっても、また良いのではないでしょうか。ぜひご一考ください。 犬の里親募集機関 捨て犬・保護犬の引き取り方 食肉加工の運命にあった「タイニールビー」~保護団体に救助されて犬らしさを取り戻す
保護施設で殺処分寸前だった老犬「アインシュタイン」~映画俳優G.クルーニーに引き取られて逆転ホームランを決める
公園のベンチにぽつんと捨てられていた盲目の元繁殖犬「ポーリィ」~新しい飼い主の元で今まで未払いだった一生分の愛情を受け取り中
ゴルフ場近くで保護された正体不明の動物~保護して元気になったらぬいぐるみのような可愛さを発揮
放置されて道端をさまよっていたプードルの「トレジャー」~ムダ毛をカットして純白に
ページトップへ