トップ犬の種類た行に属する犬の種類トランシルバニアンハウンド

トランシルバニアンハウンド

 トランシルバニアンハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

トランシルバニアンハウンドの基本情報

トランシルバニアンハウンド
  • 体高
    55~65cm
  • 体重
    25kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

トランシルバニアンハウンドの歴史・ルーツ

 トランシルバニアンハウンドの起源は定かではありません。数百年前から、ハンガリーの険しい地形に対応しながら生き抜いてきた猟犬だと考えられています。
 カルパチア山脈の多様な地形に合わせ、いつしか足の長いタイプと短いタイプの2種類に分岐していきました。クマやイノシシなどの大型動物を狩る際は前者が、そしてキツネやウサギなどの小型動物を狩る際は後者が主に用いられたようです。
 1900年代初頭には一時絶滅の危機に陥りましたが、 2つの大戦を終えた1960年代から復興計画が開始され、徐々に個体数を回復していきました。現在、足の長いタイプがちらほら見られるものの、短足タイプはほとんどいなくなってしまいました。
 犬名は、カルパティア山脈やアルプス山脈を含む「トランシルヴァニア」(Transylvania)という歴史的地名にちなんでいます。地元ハンガリーでは「エルデイーコポー」(Erdelyi Kopo)、および英語圏では「ハンガリアンハウンド」(Hangarian Hound)と呼ばれることもあります。

トランシルバニアンハウンドの性格・特徴

 トランシルバニアンハウンド性格は、穏やかでバランスが取れており、勇敢で我慢強いとされます。
 ダブルコートの被毛は短くまっすぐです。ブラックを地色とし、目の上、マズル、足にはタンのポイントが入ります。ブレイズ(鼻先から額)、首周り、胸元、足先、しっぽの先にホワイトのマーキングが入ることもあります。

トランシルバニアンハウンドのお手入れ・注意点

 トランシルバニアンハウンドには、毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

トランシルバニアンハウンドの動画

 以下でご紹介するのはトランシルバニアンハウンドの動画です。
 9世紀ごろ、ハンガリーを侵略したマーシャル人が連れてきた犬が、この犬種の祖先ではないかと考えられています。
元動画は⇒こちら
トランシルバニアンハウンドトップへ