トップ犬の種類た行に属する犬の種類ドレンチェパトリッシュホンド

ドレンチェパトリッシュホンド

 ドレンチェパトリッシュホンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ドレンチェパトリッシュホンドの基本情報

ドレンチェパトリッシュホンド
  • 体高
    オス⇒ 58~63cm
    メス⇒ 55~60cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ドレンチェパトリッシュホンドの歴史・ルーツ

 ドレンチェパトリッシュホンドの起源は、1500年代、スペインからフランスを経てオランダにやってきたスパニエルだと考えられています。これらの犬はオランダにおいて「Patrijshond」と呼ばれ、各地に広がっていきました。
 時が経つにつれ、この犬は他の様々な犬種と交雑していきましたが、地の利が悪かったオランダ東部のドレンテ州においてはこうした交雑が起こらず、比較的純血種に近い犬が残されました。
 1943年、一部の熱心な愛好家の後押しを受けてオランダの犬種協会で公認され、1948年には犬種クラブも設立されました。現在はベルギーに本拠地を持つFCIにおいても国際的に公認され、オランダ語で「ドレンテ州のスパニエル」を意味する「ドレンチェパトリッシュホンド」(Drentsche Patrijshond)の名で親しまれています。

ドレンチェパトリッシュホンドの性格・特徴

 ドレンチェパトリッシュホンドは穏やかで愛情深く、家族と強い絆を作るといわれます。一方、小動物に対する狩猟本能が強く、においを見つけるとしっぽをくるくる回して夢中で追跡してしまう一面もあります。
 被毛は中程度の長さでまっすぐです。首と胸元の毛はやや長くなり、耳の毛にはややウエーブがかかります。四肢の裏側やしっぽの裏には飾り毛が入ります。 毛色は白地にブラウンのマーキングが基本です。マーキングは明瞭なものが好まれ、色の混じったもの(ローン)や、大きすぎるもの(マント)はあまり好ましくないとされます。

ドレンチェパトリッシュホンドのお手入れ・注意点

 ドレンチェパトリッシュホンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。耳のチェックも週一くらいで行ってあげましょう。

ドレンチェパトリッシュホンドの動画

 以下でご紹介するのはドレンチェパトリッシュホンドの動画です。
 1660年頃に描かれたGabriel Metsuの絵画には、当犬種と思われる犬の姿が見て取れます。英語圏では「ダッチパートリッジドッグ」(Dutch Pertridge Dog)とも呼ばれます。
元動画は⇒こちら
ドレンチェパトリッシュホンドトップへ