トップ犬の種類た行に属する犬の種類タイリッジバック

タイリッジバック

 タイリッジバックの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

タイリッジバックの基本情報

タイリッジバック
  • 体高
    オス⇒ 56~61cm
    メス⇒ 51~56cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

タイリッジバックの歴史・ルーツ

 タイリッジバックの起源は定かではありません。タイ東部において古くから、猟犬、荷引き犬、番犬として用いられていた犬が基礎になっていると考えられています。地の利の悪かったため、背中にあるリッジ(稜)という珍しい形質が数百年にわたって受け継がれ、現代にも残っています。

タイリッジバックの性格・特徴

 タイリッジバックの性格は、忠実で活動的です。
 被毛は短く手触りは滑らかです。背中のリッジ(稜)は、互いに向かい合うように生える毛によって形成されています。毛色はレッド、ブラック、ブルー、ライトフォーンなどで、レッドの場合はブラックのマスクが望ましいとされます。

タイリッジバックのお手入れ・注意点

 タイリッジバックには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

タイリッジバックの動画

 以下でご紹介するのはタイリッジバックの動画です。
 1600年代に記された文献には、すでにこの犬に関する記述があると言われています。同じく背中にリッジをもつローデシアンリッジバックとの遺伝的な関連性については明らかになっていません。
元動画は⇒こちら
タイリッジバックトップへ