トップ犬の種類た行に属する犬の種類チェスキーフォーセク

チェスキーフォーセク

 チェスキーフォーセクの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

チェスキーフォーセクの基本情報

チェスキーフォーセク
  • 体高
    オス⇒ 60~66cm
    メス⇒ 58~62cm
  • 体重
    オス⇒ 28~34kg
    メス⇒ 22~28kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

チェスキーフォーセクの歴史・ルーツ

 チェスキーフォーセクの起源は定かではありません。数百年前から旧チェコスロバキア(現チェコ共和国及びスロバキア共和国)において、猟犬として用いられていたワイヤー種が元になっていると考えられています。
 1300年代の文献には、すでにこの犬種と思われる犬に関する記述が見られます。犬種クラブ「Klub chovatelu ceskych fousku」の記録によると、スタンダードが作成されたのは1800年代後半で、現在名になったのは1896年のようです。
 1900年代に入り第一次世界大戦が勃発すると、一時はほとんど絶滅状態に陥りましたが、戦後農家で生き残っていったほんのわずかの血統を元にして復興計画が開始されました。1957年、チェコスロバキアがFCIに加盟すると同時にドッグショーに出場するようになり、徐々に国際的な知名度を上げていきました。

チェスキーフォーセクの性格・特徴

 チェスキーフォーセクの性格は、非常に頭が良く飼い主に忠実です。
 アンダーコートは1.5センチ程度で柔らかく密生しており、体が濡れることを防いでくれます。3~4センチのトップコートは粗く、手触りは硬めです。5~7センチのガードヘアーはまっすぐで硬く、特に胸元や脇腹でよく発達しています。毛色は、ブラウン一色、ダークローンにブラウン班、ブラウンにティックドマーキングで、顔には特徴的なまゆげ、口ひげ、あごひげがあります。

チェスキーフォーセクのお手入れ・注意点

 チェスキーフォーセクには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週2回のブラッシングを基本とし、時折死毛を指先で引き抜いてあげるプラッキングを行ってあげます。

チェスキーフォーセクの動画

 以下でご紹介するのはチェスキーフォーセクの動画です。
 犬名の「フォーセク」は、スロバキア語で「ひげ」を意味する「フォースク」(fousk)に由来していると考えられます。英語圏では「ボヘミアンワイヤーヘアードポインティンググリフォン」(Bohemian Wire-haired Pointing Griffon)という長たらしい名前で呼ばれます。スロバキアンワイヤーヘアードポインターと血縁関係にあると推測されていますが、確証はありません。
元動画は⇒こちら
チェスキーフォーセクトップへ