トップ犬の種類た行に属する犬の種類チヌーク

チヌーク

 チヌークの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

チヌークの基本情報

チヌーク
  • 体高
    オス⇒ 60~65cm
    メス⇒ 55~60cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

チヌークの歴史・ルーツ

 チヌークは1900年代初頭、アメリカのニューハンプシャー州において、探検家アーサー・トレッドウェル・ウォールデンが作り出した犬種です。彼はマスティフを土台とし、そこにグリーンランドハスキーやベルジャンシェパード、そしてジャーマンシェパードの血統を持ち込むことによって、持久力、訓練性、穏やな気質という3拍子をそろえた優れたソリ犬を作りだしました。1925年には、ワシントン山を制覇した最初のドッグチームとして記録されています。さらに 1927年には、リチャード・バート提督の南極探検にも同行し、現地でソリ犬として大活躍しました。
 1940年代に入ると、ペリー・グリーンとハニー・グリーンという人物がこの犬を買い付け、メイン州に持ち帰って熱心に繁殖と普及を続けました。しかしその個体数は少なく、1965年には世界で最も希少な犬としてギネス記録に登録されたくらいです。その後熱心な愛好家たちが現れたことにより徐々に個体数を伸ばし、何とか絶滅の危機を乗り越え、今日に至ります。

チヌークの性格・特徴

 チヌークの性格は、遊びや仕事が大好きです。非常に頭が良く訓練性は抜群です。人間が好きなので番犬には向いていないでしょう。
 被毛は、豊富なアンダーコートとストレートなアウターコートからなるダブルコートです。手触りはやや固めで、夏よりも冬において厚くなります。毛色はフォーニー(黄褐色)で、ペイルハニー(薄い蜂蜜色)からレディッシュゴールド(赤みがかった金色)までのバリエーションがあります。耳とマズルの毛はやや濃いめです。

チヌークのお手入れ・注意点

 チヌークは大変活動的な犬種のため、毎日最低でも1~2時間の運動をさせてあげる必要があります。広い敷地やドッグランなどで思い切り走らせてあげるのが理想です。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

チヌークの動画

 以下でご紹介するのはチヌークの動画です。
 1980年代にはわずか10頭前後にまで減少しましたが、メイン州、オハイオ州、カリフォルニア州のブリーダーたちが協力し、何とか絶滅の危機を乗り越えました。犬名は、イヌイットの言葉で「温かい冬の風」を意味しており、2009年からはニューハンプシャー州の州犬に指定されています。
元動画は⇒こちら
チヌークトップへ