トップ犬の種類た行に属する犬の種類ドゥリーバー

ドゥリーバー

 ドゥリーバーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

ドゥリーバーの基本情報

ドゥリーバー
  • 体高
    オス⇒ 32~38cm
    メス⇒ 30~36cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ドゥリーバーの歴史・ルーツ

 ドゥリーバーの起源は、ドイツ生まれの短足ハウンド、ウェストファリアンダックスブラッケだと考えられています。この犬は1900年代初頭にスウェーデンに輸入され、1913年に国内の犬種協会で公認されました。ウサギやキツネなどの小動物のほか、特にシカ狩りにおいて能力を発揮したこの犬は、野生のシカが増加するのに合わせ、徐々にスウェーデン国内に広がっていきました。1940年代になると、従来の犬の中から、体高が2センチほど高いものが選択繁殖されるようになり、1953年、「ドゥリーバー」(Drever)という新しい犬種として公認されました。

ドゥリーバーの性格・特徴

 ドゥリーバーの性格は、落ち着きがあり、極端に攻撃的になったり神経質になったりすることがないとされます。
 短足が特徴で、地面から胸骨までの高さは、体高の40%が理想とされます。被毛は短くまっすぐで、手触りは硬めです。毛色は、ホワイトのマーキングがブレイズ(顔の中央)、首周り、足、しっぽの先に入ってさえいれば全色が認められています。ただしホワイト一色やレバーブラウン一色は除外されます。

ドゥリーバーのお手入れ・注意点

 ドゥリーバーには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。簡単なブラッシングと合わせ、週1くらいのペースで耳のチェックも行います。

ドゥリーバーの動画

 以下でご紹介するのはドゥリーバーの動画です。
 「ドゥリーバー」という犬名は、1947年に新聞社が主催したコンテストを通して名付けられました。スウェーデン語で「drev」とは、獲物を猟師がいる方向へ追いたてることを意味します。
元動画は⇒こちら
ドゥリーバートップへ