トップ犬の種類た行に属する犬の種類ドゥンケル

ドゥンケル

 ドゥンケルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

ドゥンケルの基本情報

ドゥンケル
  • 体高
    オス⇒ 50~55cm
    メス⇒ 47~53cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ドゥンケルの歴史・ルーツ

 ドゥンケルは1800年代初頭、ノルウェーのヴィルヘルム・ドゥンケル(Wilhelm Dunker)という人物が、ロシア産のハーレクインハウンドと、地元ノルウェーのセントハウンドを掛け合わせることで作出したと伝えられています。
 1900年代初頭には犬種クラブが設立され、血統管理が強化されましたが、第二次世界大戦によって大打撃を受けます。1970年代に入ってようやく復興計画が開始されたものの、遺伝子プールが小さくなりすぎたため、1980年代後半には他の犬種との交配が部分的に認められました。現在でも地元ノルウェー以外ではあまり見かけることがない希少犬種の1つに数えられています。

ドゥンケルの性格・特徴

 ドゥンケルの性格は、おとなしく人なつこいとされています。
 被毛は短めで手触りは硬めです。腿の裏や尻尾の裏にはやや長めの毛が生えます。毛色は、ブラックマーブルやブルーマーブル(ダップル)を基調とし、そこにペイルフォーンとホワイトのマーキングが入ります。

ドゥンケルのお手入れ・注意点

 ドゥンケルには、毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、汚れた時は濡れタオルで拭いてあげましょう。
ドゥンケルトップへ