トップ犬の種類た行に属する犬の種類ツリーイングテネシーブリンドル

ツリーイングテネシーブリンドル

 ツリーイングテネシーブリンドルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

ツリーイングテネシーブリンドルの基本情報

ツリーイングテネシーブリンドル
  • 体高
    オス⇒ 46~61cm
    メス⇒ 41~56cm
  • 体重
    オス⇒ 16~23kg
    メス⇒ 14~18kg
  • 分類
    FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ツリーイングテネシーブリンドルの歴史・ルーツ

 ツリーイングテネシーブリンドルは1960年代、アール・フィリップス(Earl Phillips)という名の聖職者が作出した猟犬です。基礎犬としては、アパラチア山脈やオザーク山地などからかき集めたブリンドル(トラ柄)のツリーイングドッグが用いられたと考えられています。「ツリーイングドッグ」とは、見つけた獲物を追いかけ、木の上まで追い込むことを得意とする猟犬のことです。
 彼は1967年、イリノイ州に「ツリーイングテネシーブリンドル・ブリーダー協会」を設立し、やや小さめの体、短めの耳、ブリンドルの被毛などを特徴とする、プロットハウンドとは一味違った猟犬を作出しようと試みました。こうして生み出されたのが、今日の「ツリーイングテネシーブリンドル」です。

ツリーイングテネシーブリンドルの性格・特徴

 ツリーイングテネシーブリンドルの性格は、頭が良く活発です。強い狩猟本能を持っていることで知られており、特に獲物を見つけると追いかけずにはいられない習性があります。
 被毛は短くソフトで、毛色パターンはブリンドルか黒地にブリンドルトリムです。胸元や足先に入れる小さなホワイトのマーキングは許容されます。

ツリーイングテネシーブリンドルのお手入れ・注意点

 ツリーイングテネシーブリンドルには、毎日最低でも1~2時間の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。声が大きいので無駄吠えのしつけは必須です。

ツリーイングテネシーブリンドルの動画

 以下でご紹介するのはツリーイングテネシーブリンドルの動画です。
 1995年より、AKCのFoundationStockServiceに登録されています。
元動画は⇒こちら
ツリーイングテネシーブリンドルトップへ