トップ犬の種類は行に属する犬の種類プロットハウンド

プロットハウンド

 プロットハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

プロットハウンドの基本情報

プロットハウンド
  • 体高
    オス⇒ 55~71cm
    メス⇒ 53~63cm
  • 体重
    オス⇒ 23~27kg
    メス⇒ 18~25kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

プロットハウンドの歴史・ルーツ

 プロットハウンドはドイツを原産とし、アメリカ・ノースカロライナ西部の山岳地帯で発展した大型のセントハウンド(嗅覚で獲物を追跡する)です。現在はノースカロライナ州の州犬にも指定されています。
 祖先犬は、1750年、ドイツからアメリカへ移住してきたヨハネス・プロットが連れてきた数頭の猟犬です。この犬はもともとドイツでイノシシ狩りに用いられていましたが、、おそらくジャーマンハノーヴァーハウンド(German Hanover Hound)の血統が混じっていると考えられています。
 1780年、ヨハネスの死後は息子ヘンリーが犬を受け継ぎ、その後30年間血統を維持しました。他の血統と交じり合ったのは1800年代初頭の一度だけと伝えられます。ヘンリーと猟仲間になったジョージア州のハンターが彼のオス犬を1年間レンタルし、自分の飼っていた斑点模様のメス犬と繁殖させました。この猟友はレンタルの返礼として、混血犬をプレゼントしましたが、ヘンリーはこの犬がいたく気に入り、自身が保有していた血統に加えたというものです。
 その後1900年、プロット家の近所に暮らしていた猟犬研究家・G.P.ファーガソンが血統を受け継ぎ、このときおそらくブレヴィンズハウンドやケイブルハウンドなどの血が混入して、現在のプロットハウンドの原型が出来上がったと考えられます。
 1946年「United Kennel Club」で公認を受けたほか、2006年にはAKCでもハウンドグループとして公認されています。

プロットハウンドの性格・特徴

 プロットハウンドの性格は勇敢で自信に満ち溢れています。本来は群れで行動するよう選択繁殖されたため、家族と一緒にいることを好む犬です。
 滑らかで光沢のある被毛は短毛~ミディアムで、パターンはブリンドル(明るい地色の中に、タンかブラックの縞模様が細かく入る)と規定されています。色はイエロー、レッド、タン、ブラウン、ブラック、グレイ、ブルーなどで、皮膚は引き締まってだぶだぶしていません。猟犬独特のよく通る遠吠えがたまに出るほか、よだれが多いことでも知られています。

プロットハウンドのお手入れ・注意点

 プロットハウンドは活力あふれる犬種なため毎日多めの散歩が必要となります。野山を駆けずり回ることが好きなので、ジョギングパートナーとして最適でしょう。抜け毛は少ない方なので週に1回ブラッシングをすれば十分です。垂れ耳なので定期的な耳チェックも必要となります。

プロットハウンドの動画

 以下でご紹介するのはプロットハウンドの動画です。
 登場する「ヘンリー」は、生後まもなくテネシー州南東部で捨てられているところを保護されました。飢え死に寸前で泌尿器系の障害も抱え、2種類の寄生虫もいましたが飼い主の懸命な介護のおかげですっかり回復。現在はセラピードッグとして活躍しているそうです。
元動画は⇒こちら
プロットハウンドトップへ