トップ犬の種類た行に属する犬の種類珍島犬

珍島犬(ちんどけん)

 珍島犬の体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

珍島犬の基本情報

珍島犬
  • 体高
    オス⇒ 48~53cm
    メス⇒ 45~50cm
  • 体重
    オス⇒ 18~27kg
    メス⇒ 16~25kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

珍島犬の歴史・ルーツ

 珍島犬の起源は定かではありません。1200年代、モンゴル人が韓国を制圧したとき、この犬の祖先が南西部に浮かぶ小さな島「珍島」に入り込んだと推測されています。
 1962年には天然記念物に指定され、1988年に開催されたソウルオリンピックでは開会式に登場しました。現在は珍島犬保護育成法によって守られており、ほとんど海外に出ることがありません。
 国外輸出はフランスが最初とされ、その後アメリカに渡ったようです。希少犬種を扱うUKCでは1998年に、ベルギーに本拠地を持つFCIでは2005年に公認されています。またアメリカのAKCにおいては、遺伝子プールを拡大する目的でFSSに区分されています。

珍島犬の性格・特徴

 珍島犬の性格は、愛情深く忠誠心が強いことで知られています。
 身体は、スピッツタイプ特有の厚い被毛、ピンと立った耳、くるっと巻き上がった尻尾などを有しています。筋肉質なギョプゲタイプと、スレンダーなヒョトゲタイプ、そしてその中間種であるガクゴルタイプなどに区分されます。毛色のパターンはホワイト、フォーン、グレー、ブラックアンドタン、ブリンドルの5種です。

珍島犬のお手入れ・注意点

 珍島犬には毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。人間とのかかわりを強く求める犬種ですので、屋外飼育は望ましくありません。被毛の手入れは週に1回ブラッシングしてあげる程度で大丈夫でしょう。換毛期においてはやや多めにケアしてあげます。

珍島犬の動画

 以下でご紹介するのは珍島犬の動画です。
 1993年、7歳になるメスの珍島犬「ペク」が、7ヶ月かけて300キロ移動し、新しい飼い主の家から元の飼い主の家に戻ってきたという出来事がありました。この美談は国中の話題となり、関連したアニメやドキュメンタリー、絵本などが製作されました。
元動画は⇒こちら
珍島犬トップへ