トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スパニッシュグレーハウンド

スパニッシュグレーハウンド

 スパニッシュグレーハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スパニッシュグレーハウンドの基本情報

スパニッシュグレーハウンド
  • 体高
    オス⇒ 62~70cm
    メス⇒ 60~68cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group10(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スパニッシュグレーハウンドの歴史・ルーツ

 スパニッシュグレーハウンドの起源は定かではありません。紀元前の時代、フェニキア人によってイベリア半島に持ち込まれたアジア産のサイトハウンドに、サルーキなどの血統が混じり込んで原型が作られたと考えられています。
 11世紀ごろに建設された、スペイン北部に位置するソリア県の教会には、この犬種と思われるハウンドの壁画が見られます。16~18世紀になると、イギリスやアイルランドなどにも輸出され、イングリッシュグレーハウンドの祖先となりました。1900年代初頭になると、ドッグレースで勝つため俊足の犬を作り出そうと、イギリスからイングリッシュグレーハウンドが逆輸入され、血統の交雑が起こっています。この結果誕生したのが、「アングロスパニッシュ・グレーハウンド」です。
 現在この犬種は、ベルギーに本拠地を持つFCIにおいて「Galgo Espanol」の名で登録されており、英語圏においてはこれを直訳した「スパニッシュグレーハウンド」(Spanish Greyhound)という呼び名で通っています。

スパニッシュグレーハウンドの性格・特徴

 スパニッシュグレーハウンドの性格は、穏やかで人なつこいことが知られています。
 被毛には、短く密生する「スムースタイプ」と、セミロングでやや硬めの「ラフタイプ」があります。毛色に関する規定はありません。代表的なパターンはフォーンにダークブリンドル、ブラック、シナモン、イエロー、レッド、ホワイトなどです。グレーハウンド同様、長頭型で胸腔の体積が大きく、腹部はきゅっと締まっていますが、腰高でやや前傾姿勢という微妙な違いも見られます。

スパニッシュグレーハウンドのお手入れ・注意点

 スパニッシュグレーハウンドには、毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。愛情を求める犬種ですので、屋外飼育には不向きです。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。ラフタイプの場合は、死毛を指で引き抜いてあげるプラッキングも効果的です。

スパニッシュグレーハウンドの動画

 以下でご紹介するのはスパニッシュグレーハウンドの動画です。
 8~15世紀、スペインを含むイベリア半島では、キリスト教国による再征服活動「レコンキスタ」が起こりました。このとき回復した国土には、俊足の犬に適した平地が多かったため、この犬種が発展したと考えられています。
元動画は⇒こちら
スパニッシュグレーハウンドトップへ