トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スモーランドハウンド

スモーランドハウンド

 スモーランドハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スモーランドハウンドの基本情報

スモーランドハウンド
  • 体高
    オス⇒ 46~54cm
    メス⇒ 42~52cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スモーランドハウンドの歴史・ルーツ

 スモーランドハウンドの起源は定かではありません。1600年代前半から1700年代にかけ、ドイツ、ポーランド、バルト海などの戦地から戻ってきた兵士たちが、スウェーデン南部に位置するスモーランド地方に持ち込んだ犬が元になっていると考えられています。これらの犬はその後、地元にいたスピッツタイプの犬やイギリスの猟犬などと混じりあい、スモーランドハウンドの原型となっていきました。
 このように多様な祖先を持つスモーランドハウンドは当初、体格も被毛パターンも尻尾の長さもバラバラでした。1900年代に入ると、見た目をある程度統一しようとする動きが起こり、1921年に最初のスタンダードが作成されています。この時の被毛はブラックアンドタンのほか、レッドやイエローも許容されていましたが、後に改定が加えられ、現在のスタンダードに落ち着きました。

スモーランドハウンドの性格・特徴

 スモーランドハウンドの性格は、穏やかで飼い主に対して忠実です。
 アンダーコートは短くて柔らかい反面、アウターコートの長さは中程度で、手触りは粗めです。毛色はブラックアンドタンでタンにはアンバー(琥珀色)から赤褐色までのバリエーションが認められています。胸元やつま先に入るホワイトのマーキングはよしとされ、生まれつき尻尾の短い「スタンピーテイル」の個体も許容されます。

スモーランドハウンドのお手入れ・注意点

 スモーランドハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とします。耳のチェックも定期的に行ってあげましょう。

スモーランドハウンドの動画

 以下でご紹介するのはスモーランドハウンドの動画です。
 地元スウェーデンでは「スモーランド地方のビーグル」を意味する「スモーラントシュトーバレ」(Smalandsstovare)と呼ばれています。
元動画は⇒こちら
スモーランドハウンドトップへ