トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スパニッシュマスティフ

スパニッシュマスティフ

 スパニッシュマスティフの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スパニッシュマスティフの基本情報

スパニッシュマスティフ
  • 体高
    オス⇒ 77cm以上
    メス⇒ 72cm以上
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group2(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スパニッシュマスティフの歴史・ルーツ

 スパニッシュマスティフの起源は定かではありません。紀元前の時代に、ギリシア人やフェニキアの商人がイベリア半島に持ち込んだ大型犬が祖先になっていると考えられています。古代ローマの詩人ウェルギリウスが1世紀頃に書き残した詩集の中には、すでにこの犬種と思われる犬に関する記述が見られることから、少なくとも数千年の歴史を持っていると考えられます。
 10世紀に入り、スペインで羊毛産業が盛んになると、羊たちが草を求めて南部から北部へと移動する際の護衛犬として活躍するようになりました。1500年代に残された記録では、3500万頭の羊に対し、約4万頭の牧羊犬が管理に当たっていたと言います。
 1900年代になると、ドッグショーに頻繁に登場するようになり、1946年にはスタンダードが作成されました。地元スペインでは国犬に指定されていますが、国外においては希少犬種として扱われています。

スパニッシュマスティフの性格・特徴

 スパニッシュマスティフの性格は、愛情深く穏やかです。危険を察知したときは護衛犬としての勇敢さが目覚めます。
 ミディアムの被毛は密生しており、手触りはスムースです。毛色のパターンに規定はなく、イエロー、フォーン、レッド、ブラック、ウルフカラー、ディアカラー、ブリンドル(しま模様)、パーティカラー(3色)など多彩です。首元には「デューラップ」と呼ばれるたるみがあります。

スパニッシュマスティフのお手入れ・注意点

 スパニッシュマスティフには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とします。「ドゥルーラー」と呼ばれるほどよだれが多い犬種ですので、口元の頻繁な手入れ、床掃除、消臭剤は必須です。

スパニッシュマスティフの動画

 以下でご紹介するのはスパニッシュマスティフの動画です。
 1700年代に活躍したスペインの画家ディエゴ・ベラスケスの作品にも、スパニッシュマスティフを彷仏とさせる犬が登場します。スペイン国内では「マスティンエスパニョール」(Mastin espanol)とも呼ばれます。
元動画は⇒こちら
スパニッシュマスティフトップへ