トップ犬の種類か行に属する犬の種類キースホンド

キースホンド

 キースホンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

キースホンドの基本情報

キースホンド
  • 体高
    オス⇒ 44~46cm
    メス⇒ 41~43cm
  • 体重
    オス⇒ 25~30kg
    メス⇒ 23~28kg
  • 分類
    ノンスポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

キースホンドの歴史・ルーツ

オランダで運河に停泊する船の番犬として用いられた「はしけ犬」  キースホンドの起源は、オランダで運河に停泊する船の番犬として用いられた「はしけ犬」(右絵)だといわれています。フランス革命期(18世紀後半)にはオランダ国内における愛国派と国王派の争いに巻き込まれ、一時は絶滅の危機に瀕しますが、 バン・ハルデンブルック夫人などの尽力によりその血統が現代まで受け継がれました。1920年、夫人は国内に残るキースホンドについての調査を開始し、正しい系統のキースホンドを多数発見します。そしてその後10年以上をかけてキースホンドの再生に尽力し、個体数の増加に努めました。その甲斐もあり、1926年にはイギリスのケネルクラブに公認され、犬名が現在の「キースホンド」に定められました。
 キースホンドの犬名の由来は定かではありません。オランダ語で「咬む」を意味する「ケーゼン」から来ているという説もあります。またフランス革命当時、オランダ国内での台頭を狙っていた愛国党の党首「Kees de Gyselaer」が、党のシンボルとしてこの犬を用いたという説や、彼の愛犬が「キース」だったという説など色々ありますが、どれも決定的ではありません。ちなみにイギリスでは、キースホンドの毛色が狼に似ている事から「ウルフ・スピッツ」と呼ばれていたこともあります。

キースホンドの性格・特徴

 キースホンドの性格は優しくて愛情深く、遊び好きです。身体は、開立した粗い被毛、短胴、小さな立ち耳が特徴です。なおキースホンドはポメラニアンと血縁関係にあるとも言われています。

キースホンドのお手入れ・注意点

 キースホンドは活動的な犬種なので、毎日の運動や散歩が必要です。被毛はダブルコートで、週に1~2回程度のブラッシングと、2日に1回程度のむだ毛取りが必要です。

キースホンドの動画

 以下でご紹介するのはキースホンドの動画です。
 犬名は間違って発音されること多く、正式には「ケイズホンド」といった発音になります。日本語で定着しているキースホンドも本来の発音ではありません。
 サモエドチャウチャウ、スピッツ、エルクハウンド、ポメラニアンなどとの血縁が考えら、口角が上がり笑ったように見える独特の表情から、「スマイリングダッチマン」(笑顔のオランダ人)という異名を持ちます。
 アニマルセラピーにも用いられることがあり、9.11のテロ現場に動員された消防士たちを癒したのもキースホンドでした。吠えるのが好きですが、あまりにも人懐こいため番犬には向いていません
元動画は⇒こちら
キースホンドトップへ