トップ犬の種類か行に属する犬の種類カナーンドッグ

カナーンドッグ

 カナーンドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

カナーンドッグの基本情報

カナーンドッグ
  • 体高
    オス⇒ 50~60cm
    メス⇒ 45~50cm
  • 体重
    オス⇒ 18~25kg
    メス⇒ 15~23kg
  • 分類
    ハーディンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

カナーンドッグの歴史・ルーツ

 カナーンドッグの起源は古く、紀元前2000~2200年の聖書時代から生き抜いてきたと考えられる古い犬種です。さらに元をたどれば、1万年以上前のものと推定される洞穴ではこの犬と思われる壁画や彫刻が発見されており、また紀元前5世紀頃のアシュケロンの古代墓地では、現在のカナーンドッグと極めて近似している700体もの犬の死体が発見されています。この犬は長い間、地中海東部で遊牧民と生活を共にしてきたと考えられますが、約2000年前、ローマ軍がイスラエル人を聖地から追い出した後はネゲブ砂漠へ逃げ込み、以後そこで数千年暮らしてきたと推定されています。
 20世紀に入り、この雑種犬に着目したのは、イスラエル人で犬の権威でもあるルドルフィーナ・メンゼル医師でした。彼女は1930年代、ハガナー(1920年から1948年までの、英国支配下にあったパレスチナ委任統治期間の間のユダヤ人指揮の秘密軍事組織)の依頼を受け、主に軍用犬を作出するために、砂漠に住む雑種犬の研究を開始しました。約400頭のサンプル犬を集めて分類・観察したところ、犬たちは非常に適応力が高く、すぐに人間の生活に溶け込むことが判明しました。1934年からさっそくブリーディングが開始され、軍用犬や赤十字のサポート犬、家庭の番犬として利用されました。第二次大戦が終結して軍用犬の必要性が弱まると、目の不自由な人々をサポートする盲導犬としての転用が開始され、1953年には専門機関も設立されています。
 1973年にメンゼル医師が他界してからはイスラエルの犬舎・Shaar Hagai Kennelsにブリーディングが引き継がれ、今日に至りますが、1990年代中ごろ、イスラエル政府による狂犬病対策の一環として、砂漠の野犬が一掃されたことにより、現在ネゲブ砂漠で見かける犬の数は少なくなっています。
 1953年にはイスラエルケンネルクラブ、1966年にはFCI、そして1997年にはAKCの公認を受けました。ちなみに犬名は、現在のイスラエル、パレスチナ、レバノン、ヨルダン西部に該当するカナン(Canaan)に由来しています。英語では「ケイナン」と発音し、日本語では「カナン」と発音されるため、本来は「ケイナンドッグ」、もしくは「カナンドッグ」と呼ぶべきでしょうが、なぜか日本国内では「カナーンドッグ」という中途半端な発音が定着しています。

カナーンドッグの性格・特徴

 カナーンドッグの性格は、数百年に渡って砂漠で生き抜いてきたためサバイバル本能が強く、見知らぬものへは警戒心を示します。よく吠える性質は番犬向きです。ただし攻撃的というわけではなく、子供とも共生できます。 賢くて物覚えがよい半面、飽きっぽくて移り気なところもあります。
 メンゼル医師は砂漠の土着犬を見た目から分類した結果、「重くて牧羊犬のよう」・「ディンゴのよう」・「ボーダーコリーのよう」・「グレイハウンドのよう」という4タイプにカテゴライズしました。カナーンドッグはこの中で「ボーダーコリータイプ」に近い犬とされます。被毛は白地にマスク、もしくは単色に白のトリム(刈り込んだような模様)というパターンが主流です。体格がジャーマンシェパードに似ていますが、ポイントと呼ばれる被毛のパターンが決定的な違いです。犬種固有の遺伝的疾患はほとんどなく、最も健全な犬種の一つに数えられています。

カナーンドッグのお手入れ・注意点

 カナーンドッグはダブルコートですが抜け毛が少ないので、お手入れは週に1回程度のブラッシングで十分でしょう。毎日、最低1時間程度の運動をさせるのが理想です。

カナーンドッグの動画

 以下でご紹介するのはカナーンドッグの動画です。
 ネゲブ砂漠の遊牧民・ベドウィン族と共に2000年近く生き抜いてきたといわれており、遺伝的にはスピッツ系に属し、シベリアンハスキーチャウチャウとは親戚です。一番最初に対人地雷探知犬として採用された犬種ともいわれています。体が成熟するまでに3年を要するという珍しい特徴を有していますが、これはオオカミに近い成長曲線です。世界中に2000頭ほどしかおらず、もっとも希少な犬種のひとつとされています。
元動画は⇒こちら
カナーンドッグトップへ