トップ犬の種類は行に属する犬の種類ポーチュギーズポデンゴ

ポーチュギーズポデンゴ

 ポーチュギーズポデンゴの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ポーチュギーズポデンゴの基本情報

ポーチュギーズポデンゴ
  • 体高
    ピケーノ⇒20~40cm
    メディオ⇒40~54cm
    グランジ⇒55~70cm
  • 体重
    ピケーノ⇒4~16kg
    メディオ⇒16~20kg
    グランジ⇒20~30kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ポーチュギーズポデンゴの歴史・ルーツ

 ポーチュギーズポデンゴの起源は定かではありません。紀元前6~7世紀頃、フェニキア人やローマ人がイベリア半島に持ち込んだ犬が元になっていると考えられています。その後、8~12世紀にムーア人がイベリア半島に侵略してくると、同伴していた犬と土着の犬とが交雑し、現存するポーチュギーズポデンゴの原型になったと推測されます。
 この犬はポルトガルの地形や用途に応じて、いくつかのタイプに分かれていきました。シカやイノシシなど大型の動物を狩る際は、「グランジ」(grande)と呼ばれるやや大柄なタイプが、そしてキツネやウサギなど小型の動物を狩る際は「メディオ」(medio)や「ピケーノ」(pequeno)と呼ばれる中~小柄なタイプが用いられました。
 英語圏では「ポーチュギーズウォーレンハウンド」(Portuguese Warren Hound/warrenとはウサギの群生地のこと)と呼ばれることもあります。

ポーチュギーズポデンゴの性格・特徴

 ポーチュギーズポデンゴの性格は、群れで行動する習性が強いため、人間や他の犬と強い結びつきを築くことができます。狩猟本能が強いため、小動物との同棲には注意が必要です。
 被毛は「ショートスムース」と「ロングワイヤー」の2タイプに分かれますが、アンダーコートを持たない点では共通しています。 ポーチュギーズポデンゴ~スムースとワイヤー  毛色はイエローアンドフォーンを基調とし、そこにホワイトのマーキングが入ったり入らなかったりします。体高に関しては、「グランジ」(grande)が55~70cm、「メディオ」(medio)が40~54cm、「ピケーノ」(pequeno)が20~30cmで、体重に関しては、「グランジ」(grande)が20~30kg、「メディオ」(medio)が16~20kg、「ピケーノ」(pequeno)が4~6kgと規定されています。

ポーチュギーズポデンゴのお手入れ・注意点

 ポーチュギーズポデンゴには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、スムースタイプでもワイヤータイプでも週に1回のブラッシングを基本とします。

ポーチュギーズポデンゴの動画

 以下でご紹介するのはポーチュギーズポデンゴの動画です。
 15~16世紀にスペイン人やポルトガル人が用いた帆船である「キャラベル船」には、害獣駆除係として採用されました。
元動画は⇒こちら
ポーチュギーズポデンゴトップへ