トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ソフトコーテッドウィートンテリア

ソフトコーテッドウィートンテリア

 ソフトコーテッドウィートンテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ソフトコーテッドウィートンテリアの基本情報

ソフトコーテッドウィートンテリア
  • 体高
    オス⇒ 46~48cm
    メス⇒ 46~48cm
  • 体重
    オス⇒ 16~20kg
    メス⇒ 16~20kg
  • 分類
    テリアグループ

ソフトコーテッドウィートンテリアの歴史・ルーツ

ケリー・ブルー・テリア  ソフトコーテッドウィートンテリアの起源は定かではありません。1700年代からアイルランド南西部において、主に害獣の駆除、狩猟、飼い主の護衛などのため飼育され、ケリーブルーテリア(写真右)と近い関係であると考えられています。なおアイルランドでは古くから、「スペインのアルマダ艦隊が沈没した際、乗っていた犬が海岸に泳ぎ着き、テリア種の祖先となった」という言い伝えがありますが、科学的な裏づけはないようです。
 地元アイルランドでのドッグショーデビューは1937年と遅く、その後1943年にイギリスで公認され、アメリカへは1946年に渡っています。しかしAKCに公認されたのはそれからずいぶん後の1973年のことです。
 ソフトコーテッドウィートンテリアの犬名は、柔らかい絹のような手触り(soft coated)で麦わら色の(wheaten)被毛をもっていることから付けられています。

ソフトコーテッドウィートンテリアの性格・特徴

麦わら色の(wheaten)被毛  ソフトコーテッドウィートンテリアの性格は穏やかで従順です。また物覚えがよく、トレーニングには良く反応します。テリアであるにもかかわらず攻撃性を見せることはあまりありません。
 ソフトコーテッドウィートンテリアの身体は、柔らかい絹のような手触り(soft coated)で麦わら色の(wheaten)被毛をもっていることが最大の特徴です。シングルコートで抜け毛は比較的少ないとされます。被毛色は幼犬時には比較的濃い状態で直毛に近いですが、1年半から2年かけて独特の明るいウィートン色調が完成し、ウェーブも現れてきます。

ソフトコーテッドウィートンテリアのお手入れ・注意点

 ソフトコーテッドウィートンテリアには毎日、長めの散歩をさせたり、庭で精力的にゲームをさせたりと、かなりの運動をさせなくてはなりません。長い被毛には、1日置きにブラッシングかコーミングをしてあげてください。

ソフトコーテッドウィートンテリアの動画

 以下でご紹介するのはソフトコーテッドウィートンテリアの動画です。
 作出にはケリーブルーテリアアイリッシュテリアグレンオブイマールテリアなどがかかわっていると考えられています。
 子犬の頃は小麦色というよりは茶色に近い被毛を持っており、成犬になるとフォー(fau)と呼ばれる額に垂れ下がった前髪と、長いあごひげが大きな特徴になります。抜け毛が少ないため飼い主のこまめなブラッシングが必要です。
元動画は⇒こちら
ソフトコーテッドウィートンテリアトップへ