トップ犬の種類さ行に属する犬の種類シーズー

シーズー

 シーズーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

シーズーの基本情報

シーズー
  • 体高
    オス⇒ 27cm
    メス⇒ 27cm
  • 体重
    オス⇒ 8kg
    メス⇒ 8kg
  • 分類
    トイグループ

シーズーの歴史・ルーツ

 シーズーの起源は、チベットのラサアプソと中国のペキニーズが混血したものと言われています。古くから中国と密接な関係にあったチベットの統治者は、「魔除け」としてラサアプソを中国の皇帝に献上する習慣がありました。一方当時の中国宮廷では、既にペキニーズが飼育されていたようです。同時代に共存したこの両者が混血し、「シーズー」の原型が出来上がったと考えられています。
北京の紫禁城  シーズーは、西太后(1861~1908)の時代において特に寵愛されていました。一部の個体はヨーロッパに渡ったものの、ほとんどは王宮である紫禁城内(写真右)で飼育されていたといいます。しかし1950年代に共産主義革命が起こると、「犬の飼育は退廃の象徴」とみなされるようになり、シーズーを含めた大量の犬が虐殺され、絶滅寸前まで追い込まれます。今日世界中に分布するシーズーは、革命以前の1930年代にヨーロッパに渡った犬たちの子孫です。
 1930年代にイギリスやアイルランドに渡ったシーズーは、よくラサアプソと混同され、「アプソ」(Apsos)という1ジャンルにまとめられていました。そこで、短吻で短肢のものを「シーズー」、長吻で長肢のものを「ラサアプソ」と区分して計画繁殖が行われるようになり、現在のシーズーの基礎ができあがっていきました。そして1935年、イギリスで犬種クラブが発足したのを機に、ラサアプソとは全く別の犬種「シーズー」として独立を果たしました。なお、シーズーの犬名は、中国の空想上の動物「獅子」の中国語発音「シーツー」に由来しています。

シーズーの性格・特徴

 シーズーの性格は非常に穏やかで、家庭犬に向いていますが、やや物覚えが悪いという難点もあります。
 身体はペキニーズよりもラサアプソに似ています。体型は「頭部はライオン、骨格はクマ、足はラクダ、歩く様は金魚」と形容され、顔面には菊の花のように長い毛が放射状に生えるのが特徴です。下顎がやや突き出したアンダーバイトが標準とされています。
 健康面では、甲状腺機能低下症、椎間板障害を発症しやすいとされます。また短吻系で鼻呼吸が苦手なため、夏場の熱中症や脱水症状には注意が必要です。

シーズーのお手入れ・注意点

 シー・ズ―には毎日の散歩や運動は欠かせません。室内で活発なゲームや運動、短めの散歩を取り入れてあげましょう。シーズーは高温多湿の地域で過ごすのが苦手で、屋外での飼育はお勧めできません。床に届くまで伸び続ける豊富な被毛は、すぐに毛玉ができてしまうため、1日おきのブラッシングかコーミングが必要です。

シーズーの動画

 以下でご紹介するのはシーズーの動画です。
 イギリスが北京の紫禁城を侵略した際、オスとメス各7頭だけが生き残ったといいます。
 トップコートは長くて滑らか、アンダーコートはフリースのようにフワフワで、放置するとかなりの長さまで成長します。ショードッグにする場合はかなりの時間と労力が必要ですが、多くの人はグルーミングの手間を省くために毛並みを短くそろえます。これは「パピーカット」と呼ばれます。
 腎臓と目の病気にかかりやすいので注意が必要です。
元動画は⇒こちら
シーズートップへ