トップ犬の健康と病気犬の循環器の病気犬の心臓の病気犬の肺動脈狭窄症

犬の肺動脈狭窄症

 犬の肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の肺動脈狭窄症の病態と症状

 犬の肺動脈狭窄症とは、肺動脈の根元が先天的に狭く、血液が心臓内をうまく流れない状態を言います。
 狭窄が起こる場所は、大部分が弁のある部分ですが、まれにその上下で起こることもあります。血液の出口が狭いため、右心室への負荷が増えて心肥大を起こし、収縮力が弱化します。また、肺動脈の血流量低下によって肺の血圧が低下し、呼吸困難等の症状を引き起こします。
 軽症の場合ははっきりとした症状を見せず、一生心臓の奇形に気づかずにすごすものもいますが、重症の場合は、生後まもなく血液の循環不全で死亡してしまいます。 犬の肺動脈狭窄症の病態  犬の肺動脈狭窄症の症状としては以下のようなものが挙げられます。
犬の肺動脈狭窄症の主症状
  • 乾いた咳
  • 呼吸困難
  • 運動を嫌がる
  • すぐに疲れる
  • おなかがふくれる(腹水)
  • 四肢のむくみ
犬の肺動脈狭窄症トップへ

犬の肺動脈狭窄症の原因

 犬の肺動脈狭窄症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。
犬の肺動脈狭窄症の主な原因
犬の肺動脈狭窄症トップへ

犬の肺動脈狭窄症の治療

 犬の肺動脈狭窄症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の肺動脈狭窄症の主な治療法
  • 薬物療法  軽症の場合は特に治療を要さないこともありますが、多くの場合症状の軽減を目的とした薬物療法が中心となります。具体的には強心薬、利尿薬などです。
  • 運動療法  心臓に負担のかかるような激しい運動を控え、散歩量も少なめにします。
  • 食事療法  高血圧につながる塩分を控えると同時に、運動不足から来る肥満を予防するよう、カロリーと食材を吟味します。獣医さんに相談するのが無難でしょう。
  • 手術療法  狭窄の度合いがひどく、命にかかわるような場合は、外科手術によって狭窄部を修復することがあります。
犬の肺動脈狭窄症トップへ