トップ犬の健康と病気犬の循環器の病気犬の心臓の病気犬の心室中隔欠損症

犬の心室中隔欠損症

 犬の心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の心室中隔欠損症の病態と症状

 犬の心室中隔欠損症とは、心臓の右心室と左心室の間にある壁に、生まれつき穴が空いている状態を言います。
 穴が小さい場合ははっきりした症状を見せないこともありますが、穴が大きく、心臓内の血流に悪影響が出ている場合は、生後6ヶ月になる前から症状を示し始め、発育障害なども見られるようになります。症状が出るかどうかの目安は、空いた穴の面積が、上にある大動脈弁の面積の40%以上です。 犬の心室中隔欠損症~心室間の壁に穴が空き、左心室からの血液が右心室に乱入している  犬の心室中隔欠損症の症状としては以下のようなものが挙げられます。
犬の心室中隔欠損症の主症状
  • 乾いた咳
  • 呼吸困難
  • 運動を嫌がる
  • すぐに疲れる
  • 肺水腫
犬の心室中隔欠損症トップへ

犬の心室中隔欠損症の原因

 犬の心室中隔欠損症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。
犬の心室中隔欠損症の主な原因
犬の心室中隔欠損症トップへ

犬の心室中隔欠損症の治療

 犬の心室中隔欠損症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の心室中隔欠損症の主な治療法
  • 薬物療法  症状の軽減を目的とした薬物療法が中心となります。具体的には強心薬、利尿薬などです。
  • 運動療法  心臓に負担のかかるような激しい運動を控え、散歩量も少なめにします。
  • 食事療法  高血圧につながる塩分を控えると同時に、運動不足から来る肥満を予防するよう、カロリーと食材を吟味します。獣医さんに相談するのが無難でしょう。
犬の心室中隔欠損症トップへ