トップ犬の種類ま行に属する犬の種類ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

 ミニチュアシュナウザーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ミニチュアシュナウザーの基本情報

ミニチュアシュナウザー
  • 体高
    オス⇒ 30~35cm
    メス⇒ 30~35cm
  • 体重
    オス⇒ 6~7kg
    メス⇒ 6~7kg
  • 分類
    テリアグループ

ミニチュアシュナウザーの歴史・ルーツ

 ミニチュアシュナウザーを含む「シュナウザー」(Schnauzer)と呼ばれる犬種には、「ジャイアント」、「スタンダード」、「ミニチュア」の3種類ありますが、最も古いのはスタンダードシュナウザーで、他の2種はスタンダードを改良した犬種です。
 シュナウザーはドイツにおいては非常に古い歴史をもつ犬種で、15~16世紀当時の絵画や彫刻では、既にその姿を見て取ることができます。主産地はヴュルテンベルグやバイエルン地方と考えられており、害獣駆除や家畜の追いたてなどを主な役割としていました。  ミニチュアシュナウザーの起源は、ネズミによる被害に悩まされていた農夫たちが、小回りの利く害獣駆除犬を作り出そうと、スタンダードシュナウザーを元にして生み出した小型犬だと考えられています。交配にはアーフェンピンシャープードルミニチュアピンシャーなどが用いられたようです。ドッグショーに初登場したのは1899年で、基礎犬となったスタンダードシュナウザーがお披露目されてからわずか20年後のことでした。アメリカのAKCが両犬種を別々に扱うようになったのは1933年からです。
 「シュナウザー」という犬名は、ドイツ語で「あごひげ」を意味する「シュナウツ」(schnauz)が由来です。3つのシュナウザー種の中では唯一「テリアグループ」に分類されています。

ミニチュアシュナウザーの性格・特徴

 ミニチュアシュナウザーの性格は慎重で物覚えがよく、主人に対する忠誠心が強くて勇猛果敢です。身体はシュナウザー3種(ジャイアント・スタンダード・ミニチュア)の中で最小ですが、これには作出段階で採用された小型犬のアーフェンピンシャーが大きく影響しています。
 体型は体高が体長に等しいスクェア型で、被毛はソルト・アンド・ペッパー、ブラック、ブラック・アンド・シルバーなどがあります。「抜け毛が無くてアレルギーを起こさない」という噂がありますが、これは「抜け毛が少ない」という特徴を誇張したものだと思われます。なお、ミニチュアシュナウザーは遺伝的に網膜萎縮症や若年性白内障など、眼科疾患を発症する可能性が高いと言われています。

ミニチュアシュナウザーのお手入れ・注意点

 ミニチュアシュナウザー活発な犬種ですので、中程度の運動や散歩を毎日行ってください。被毛は週に1~2回のコーミングと、2~3ヶ月に一度のトリミングやクリッピング(バリカンで毛を刈ること)が必要です。死毛を指で引き抜いてあげる「ストリッピング」も効果的でしょう。

ミニチュアシュナウザーの動画

 以下でご紹介するのはミニチュアシュナウザーの動画です。
 カンフー映画で一躍スターになったブルースリーが飼っていたことで有名です。敷地や家畜の群れを守る際はジャーマンシェパードとチームを組むことが多いようです。興奮しやすくすぐに吠える性質を生かし、相棒であるシェパードに緊急事態を伝える役目を果たします。
元動画は⇒こちら
ミニチュアシュナウザートップへ