トップ犬の種類やらわ行に属する犬の種類ランドシーア

ランドシーア

 ランドシーアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ランドシーアの基本情報

ランドシーア
  • 体高
    オス⇒ 72~80cm
    メス⇒ 67~72cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group2(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ランドシーアの歴史・ルーツ

 ランドシーアの起源は定かではありません。古くからヨーロッパの沿岸部において、船引きや水難救助を手伝っていた大型犬が元になっていると考えられています。この犬をモチーフにしたと思われる絵画などの資料から、1700年代初頭には既に存在していたと推測されます。
 1900年代に入り、犬種として独立させようという動きが起こりましたが、第一次世界大戦の勃発によりあえなく頓挫してしまいました。戦争が終わると、ドイツやスイスなどで再び計画が持ち上がり、血統管理が再開されました。1960年代になり、ベルギーに本拠地を持つFCによって独立犬種として公認されましたが、1940年代から50年代にかけては、ニューファンドランドの犬種クラブが計画繁殖を行っていたため、ランドシーアをニューファンドランドの単なる亜種として扱っている国もいまだにあります。
 犬名は、この犬種をモチーフとしてたくさんの絵画(下絵参照)を描いたイギリスの動物画家エドウィン・ランドシーア(Edwin Henry Landseer, 1802~1873)にちなんでいます。また、人名と区別するため「ランドシーア」の後に「ヨーロピアンコンチネンタルタイプ」(European Continental Type, ECT)と付けて呼ぶこともあります。 エドウィン・ランドシーアが1838年に描いた「A Distinguished Member of Humane Society」

ランドシーアの性格・特徴

 ランドシーアの性格は、穏やかでおとなしく愛情深いことで知られています。
 被毛は豊富なアンダーコートと、長くストレートなアウターコートからなるダブルコートです。毛色は、白地にくっきりとしたブラックの斑が入ります。首、胸元、腹部、四肢、しっぽはホワイトであることが規定されています。頭部はブラックでマズルはホワイトです。

ランドシーアのお手入れ・注意点

 ランドシーアには、毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。よだれがやや多いので口の周辺は頻繁に拭いてあげましょう。

ランドシーアの動画

 以下でご紹介するのはランドシーアの動画です。
 この犬種を描いた作品の中で最も有名なのは、イギリスの画家エドウィン・ランドシーア(Edwin Henry Landseer, 1802~1873)が1838年に描いた「A Distinguished Member of Humane Society」という作品でしょう。また「ピーターパン」の中に登場する「ナナ」(Nana)という名の大型犬は、この犬種をモデルにしていると言われています。
元動画は⇒こちら
ランドシーアトップへ