トップ犬の種類やらわ行に属する犬の種類ユーレイシャー

ユーレイシャー

 ユーレイシャーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ユーレイシャーの基本情報

ユーレイシャー
  • 体高
    オス⇒ 52~60cm
    メス⇒ 48~56cm
  • 体重
    オス⇒ 23~32kg
    メス⇒ 18~26kg
  • 分類
    Group5(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ユーレイシャーの歴史・ルーツ

 ユーレイシャーは1960年代のドイツにおいて、チャウチャウとウルフスピッツとを交配させて生まれた犬種です。当初は「ウルフチャウ」と呼ばれていましたが、1970年代に入りサモエドの血統が入ってからは、現在名である「ユーレイシャー」に改称され、ベルギーに本拠地を持つFCIにおいて国際的に公認されました。

ユーレイシャーの性格・特徴

 ユーレイシャーの性格は、穏やかで落ち着きがあり、刺激に対してあまり興奮しないと言われています。味方に対しては強い愛情を示す一方、見知らぬ者に対しては警戒心を示すことがあります。しかし攻撃的になるということは滅多にありません。
 被毛は、豊富なアンダーコートとミディアムレンクスのアウターコートからなるダブルコートです。首周り、尻尾の裏、四肢の裏の毛はやや長めになります。毛色パターンは、ホワイト一色、ホワイト班、レバー色以外はすべて許容されています。

ユーレイシャーのお手入れ・注意点

 ユーレイシャーには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ユーレイシャーの動画

 以下でご紹介するのはユーレイシャーの動画です。
 「刷り込み理論」によってノーベル賞を受賞したオーストリアの動物行動学者コンラート・ローレンツも、この犬種を飼っていたといわれています。
元動画は⇒こちら
ユーレイシャートップへ