トップ犬の種類やらわ行に属する犬の種類ルーメイニアンミオリティックシェパード

ルーメイニアンミオリティックシェパード

 ルーメイニアンミオリティックシェパードの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ルーメイニアンミオリティックシェパードの基本情報

ルーメイニアンミオリティックシェパード
  • 体高
    オス⇒ 70cm以上
    メス⇒ 65cm以上
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ルーメイニアンミオリティックシェパードの歴史・ルーツ

 ルーメイニアンミオリティックシェパードの起源は、非常に古い時代からカルパチア山脈付近において育種されてきた作業犬のであると考えられています。この犬を最初に持ち込んだのはケルト人で、後にタタール人によってカスピ海や黒海周辺にまで広められたと言われています。
 ルーマニアの犬種協会によって最初のスタンダードが作成されたのは1981年です。2002年に改訂され、現在ではベルギーに本拠地を持つFCIにおいて国際的に公認されています。

ルーメイニアンミオリティックシェパードの性格・特徴

 ルーメイニアンミオリティックシェパードの性格は、穏やかで落ち着きがあります。見知らぬ者に対してはやや警戒心を示すこともあります。
 被毛は10センチ程度のミディアムレンクスで手触りは粗目です。毛色は、白地に輪郭のくっきりしたブラック~グレイ班が入る「パイボールド」や、ホワイト~グレイのソリッドカラーです。

ルーメイニアンミオリティックシェパードのお手入れ・注意点

 ルーメイニアンミオリティックシェパードには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ルーメイニアンミオリティックシェパードの動画

 以下でご紹介するのはルーメイニアンミオリティックシェパードの動画です。
 地元では「Ciobanesc Romanesc Mioritic」と呼ばれています。
元動画は⇒こちら
ルーメイニアンミオリティックシェパードトップへ