トップ犬の種類た行に属する犬の種類チベタンスパニエル

チベタンスパニエル

 チベタンスパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

チベタンスパニエルの基本情報

チベタンスパニエル
  • 体高
    オス⇒ 25cm
    メス⇒ 25cm
  • 体重
    オス⇒ 4~6.8kg
    メス⇒ 4~6.8kg
  • 分類
    ノンスポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

チベタンスパニエルの歴史・ルーツ

 チベタンスパニエルはチベットのヒマラヤ山脈付近で発展を遂げた犬種です。およそ1000年以上前からラマ教の寺院において、主として番犬として用いられていたと考えられています。当時の番犬はタイプやサイズが様々でしたが、これらの中で小型のものが中国からもたらされた小型で短吻・垂れ耳の犬と掛け合わされ、現在のチベタンスパニエルの原型が形成されたと考えられています。また短吻という共通点を有していることから、ペキニーズシーズーラサアプソパグなどと血縁関係にあると推定されています。
 イギリスでは古く1890年代から飼育され、アメリカでは1965年にチベットの寺院から輸入された記録が残っています。その後1971年には犬種クラブが設立され、1983年、AKCのノンスポーティンググループで公認されました。なお、犬種名に「スパニエル」と入っているものの本来の意味でのスパニエル(猟犬)ではなく、一種のあだ名のようなものです。英語圏では「ティビー」(Tibbie)の愛称で親しまれています。

チベタンスパニエルの性格・特徴

 チベタンスパニエルの性格は飼い主には愛情深く忠実な反面、見知らぬものには警戒心を示すため、番犬として才能を発揮します。また、高い場所が好きで、かつてのチベット僧院においては、高い塀の上に座らされ、ちょうど生きた警報機のような役割を担っていたと伝えられます。
 チベタンスパニエルの頭は体に比して小さく、ドーム型です。マズルは短くて丸っこく、歯列はアンダーショットかレベルバイト、鼻は黒で目は離れて付いています。耳は垂れて頬にかかり、羽根毛で覆われます。またオス犬では特に首筋にたてがみ様の長い毛が生えるのも特徴の一つです。前足はやや弧を描いており、足先はウサギに似ています。しっぽは背中まで跳ね上がり、豊富な羽根毛で覆われます。被毛は滑らかなダブルコートで短毛~ミディアム、毛色は単色のものからシェイド(緩やかに色合いが変わる)のもの、マルチカラーのものなど様々です。レッド、フォーン、ゴールド、ホワイト、クリーム、ブラックアンドタン、ブラックなどがいます。

チベタンスパニエルのお手入れ・注意点

 チベタンスパニエルのお手入れは週に1回程度のブラッシングでよいでしょう。中等度の散歩や運動で構いませんが、人と触れ合うことを求める犬種ですので、おもちゃを与えて放置するのではなく、フェッチ(とってこい)など、飼い主と双方向性を持った遊びが理想です。また、耳の中を定期的にチェックしましょう。

チベタンスパニエルの動画

 以下でご紹介するのはチベタンスパニエルの動画です。
元動画は⇒こちら
チベタンスパニエルトップへ