トップ犬の種類た行に属する犬の種類チェスキーテリア

チェスキーテリア

 チェスキーテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

チェスキーテリアの基本情報

チェスキーテリア
  • 体高
    オス⇒ 25~33cm
    メス⇒ 25~33cm
  • 体重
    オス⇒ 7~10kg
    メス⇒ 7~10kg
  • 分類
    テリアグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

チェスキーテリアの歴史・ルーツ

 チェスキーテリアはチェコスロバキア(現在のチェコ共和国及びスロバキア共和)原産の比較的新しい品種です。国内では切手になったりテレビに出演したりと有名ですが、世界的には珍しく、世界で最も希少な犬の一つとして数えられています。
 プラハにあるチェコ科学アカデミーで遺伝学者として勤務していたフランティシェク・ホラック氏が、シーリハムテリアスコティッシュテリアを掛け合わせて作出しました。ホラック氏はスコティッシュテリアのブリーダーでありハンティングを趣味にしていたため、ボヘミア地方の森で小さな巣穴にもぐりこめ、なおかつ群れを成して行動できる猟犬がほしかったようです。
 1948年、現在のチェスキーテリアの基礎犬となる犬が誕生し、1950年にはFCI(Czech Terrier Club)へ「ボヘミアンテリア」という名で登録されました。犬名は程なくして「チェスキーテリア」(Cesky Terrier)に変更され、輸出が禁止されていたにもかかわらず(当時のチェコは共産国)、世界中に広まっていきました。1996年にはUKC、そして2004年にはAKCの公認を受けています。

チェスキーテリアの性格・特徴

 チェスキーテリアの性格は、テリア種の中ではおとなしく攻撃性もほとんどないことで知られています。身体は、小さな巣穴にもぐりこめる短足と長めの体、長い頭が特徴です。よく伸びたあごひげ、くちひげ、眉毛をもち、被毛色はグレイブルー、ブラウン、チャーコール、プラチナなど多彩です。ちなみに子犬の頃は黒で、2年くらいかけて徐々に色が薄くなるとか。目の色は被毛色に合わせて黄色やブラウン、鼻も同様に黒やレバーなどのバリエーションがあります。耳は生まれつき前方に折れ曲がり三角形をなします。

チェスキーテリアのお手入れ・注意点

 チェスキーテリアのお手入れは、体の下に垂れ下がるファーニシングと呼ばれる飾り毛は残されるのが通例です。被毛を美しく保つためには毎日のブラッシングが理想でしょう。また健康面ではスコッティクランプ(Scotty Cramp)と呼ばれるたどたどしい動きをまれに見せることがありますが、命を脅かすものではありません。

チェスキーテリアの動画

 以下でご紹介するのはチェスキーテリアの動画です。
元動画は⇒こちら
チェスキーテリアトップへ