トップ犬の種類た行に属する犬の種類

狆(ちん)

 狆の体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

狆の基本情報

狆(ちん)
  • 体高
    オス⇒ 25cm
    メス⇒ 24cm
  • 体重
    オス⇒ 2~3kg
    メス⇒ 2~3kg
  • 分類
    トイグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

狆の歴史・ルーツ

 狆(ちん)の起源は定かではありません。ペキニーズを土台として、遣唐使が持ち帰った短吻系の犬種や、琉球から渡来した大陸系の犬の影響を受けながら発展したと言われています。そもそもどのようにしてペキニーズが日本に渡ってきたのかに関しても不明な点が多く、仮説としては「6世紀頃、仏教徒と共に渡来した」、「8世紀頃、新羅の皇帝から献上された」、「7~10世紀頃、中国の皇帝から献上された」などがあります。
浮世絵に登場する狆  江戸時代には大奥や各地の大名の間で流行し、また町民レベルでは狆を飼うことが一種のステータスシンボルでした。当時の歌舞伎の台詞や落語のネタにも狆の名前は頻繁に登場します。
 その後ペリーの黒船来航により、浮世絵と並んで狆は海外に渡るようになります。中でもペリーが最初に持ち帰った4頭の内の2頭は、イギリスのビクトリア女王の手に渡って寵愛を受けました。1862年にはイギリスの展覧会で「ジャパニーズ・スパニエル」の名称で紹介され、1870年代にはイギリスのケネルクラブで公認されています。狆は日本原産犬種で初めて海外の犬種団体に公認された犬種です。
 明治・大正時代になると、狆は「座敷犬」(室内飼育される犬)の先駆けとしてもてはやされましたが、大正時代を境に減少を続け、戦後の一時期にはイギリスとフランスにしかいないとまで言われました。
 犬名は、「ちいさいいぬ」が詰まったものと言われており、また「狆」という文字は漢字ではなく和字と言われるもので、かつては「家の中で飼育する犬」という意味があったと言います。1888年、AKCで公認された当時は「ジャパニーズスパニエル」という名前でしたが、他のスパニエルと混同してしまう可能性を考慮し、1977年からは「ジャパニーズチン」と改名されています。

狆の性格・特徴

森田屋口  狆の性格は陽気で遊び好きです。他の動物や見知らぬ人に対しても友好的で優しく、子供のいる家庭でも安心して飼える理想的な室内犬です。
 身体は、顔にある斑模様によって「サムライ斑」(チョンマゲのような模様のあるもの)と「ヤッコ斑」(頭頂に斑のないもの)に分けられたり、背中にある模様によって「鞍かけ斑」、尾の手前にある模様によって「おどめ斑」など様々な分類がなされました。口吻がピンクのものを繁殖者の名をとって「森田屋口」(写真右)と称し珍重されたこともあります。

狆のお手入れ・注意点

 狆には毎日の運動や散歩が必要ですが、体が小さいので短めで充分でしょう。短吻系で暑さに弱いため、屋外飼育はできません。被毛の手入れは、週2回程度のコーミングで充分です。

狆の動画

 以下でご紹介するのは狆の動画です。
 後ろ足で立ち上がり、くるくる回す様子は「チン・スピン」とも呼ばれます。短すぎるマズルのため、いびきをかくような音(snizzle)を出すことがあり、体温調整も若干苦手です。
元動画は⇒こちら
狆トップへ