トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンハンティングテリア

ジャーマンハンティングテリア

 ジャーマンハンティングテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンハンティングテリアの基本情報

ジャーマンハンティングテリア
  • 体高
    33~40cm
  • 体重
    7.5~10kg
  • 分類
    Group3(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンハンティングテリアの歴史・ルーツ

 ジャーマンハンティングテリアは、1900年代に入ってから作出されたドイツ産のテリア種です。
 1900年代初頭、ドイツではイギリス産のフォックステリアが隆盛を極めていました。しかしその弊害として、見た目を重視しただけの繁殖が横行し、猟犬としての能力に乏しい個体がどんどん増えつつありました。この事態を憂慮した一部の人々は、見た目よりも猟犬としての資質を伸ばすことを目的とした繁殖計画を立てます。この計画に加わったのが、ハンターであると同時に畜犬学に造詣の深かったルドルフ・フリース、ヴァルター・ザネンベルグ、カール・エーリヒ・グリューネヴァルトといった人物です。彼らはフォックステリアの血統を受け継いでいるという4頭のブラックアンドタンテリアを基礎とし、キツネやアナグマ狩りが得意な小型の猟犬を作り出していきました。
 その後イギリスからオールドイングリッシュワイヤーヘアードテリアやウェルシュテリアなどを取り寄せて血統を洗練し、今日のジャーマンハンティングテリアの土台を築きました。1926年に犬種クラブが設立された結果、1930年代初頭に30頭程度だった個体数は、約10年で3000頭近くまで増えています。第二次世界大戦によって大きな打撃を受けましたが、1947年頃から再び繁殖が進められ、今日に至ります。

ジャーマンハンティングテリアの性格・特徴

 ジャーマンハンティングテリアの性格は、勇敢で仕事熱心です。過度に攻撃的だったり臆病である事は少なく、しつけにもよく反応します。
 被毛は密な粗毛で、手触りはゴワゴワ~スムースです。毛色はブラック、ダークブラウン、グレイッシュブラックを下地とし、フォーンのマーキングが目の上、マズル、胸元、足先、尻尾の根本に入ります。耳はV字形で軽く垂れ下がります。

ジャーマンハンティングテリアのお手入れ・注意点

 ジャーマンハンティングテリアには毎日1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期には死毛を指で引き抜いてあげるプラッキングを施してあげます。

ジャーマンハンティングテリアの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンハンティングテリアの動画です。
 ジャーマンハンティングテリアの基礎犬となった4頭のブラックアンドタンテリアは、当時ベルリン動物園の職員だったルッツ・ヘックという人物が所有していたと伝えられています。ドイツでの呼び名は、「ハンティングテリア」を意味する「ヤークテリヤ」(Jagdterrier)です。
元動画は⇒こちら
ジャーマンハンティングテリアトップへ