トップ犬の種類は行に属する犬の種類ハミルトンハウンド

ハミルトンハウンド

 ハミルトンハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ハミルトンハウンドの基本情報

ハミルトンハウンド
  • 体高
    オス⇒ 53~61cm
    メス⇒ 49~57cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ハミルトンハウンドの歴史・ルーツ

 ハミルトンハウンドは、1800年代後半にスウェーデンで作出された犬種です。
 1700年代末、スウェーデン国内において一般大衆にも狩猟が解禁されると、各地において様々なタイプの猟犬が育種されるようになりました。1886年、スウェーデンで最初に開催されたドッグショーには、189頭ものセントハウンドが出展されたといいます。こうした数多くの犬たちの中でもとりわけ傑出していたのが、アドルフ・パトリック・ハミルトン伯爵が連れていた「パング」(Pang)と「ステラ」(Stella)というつがいの犬でした。彼はその後、この2頭を基礎血統として新たな犬種確立に尽力し、1921年、自分の名前を冠した「ハミルトンハウンド」の作出に成功しました。作出過程では、ドイツ南部やスイスのセントハウンドやイングリッシュフォックスハウンドハリヤーなどが用いられたと考えられています。

ハミルトンハウンドの性格・特徴

 ハミルトンハウンドの性格は、穏やかで友好的だと言われています。
 被毛は短めでぴっちりと密生しています。頭部、耳、四肢の前面に関しては短くスムースで、尻尾の裏側、腿の裏に関しては長めです。毛色は3色からなるトライカラーと規定されています。首、肩口、背中はブラックで、マズル、胸元、腹部、四肢の先端、尻尾の先にはホワイトが入ります。残りの部分がタンです。

ハミルトンハウンドのお手入れ・注意点

 ハミルトンハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳のチェックも定期的に行ってあげるようにします。

ハミルトンハウンドの動画

 以下でご紹介するのはハミルトンハウンドの動画です。
 アドルフ・パトリック・ハミルトン伯爵は、「Swedish Kennel Club」の設立者としても名が知られています。スウェーデン国内でこの犬種は「ハミルトンシュトーヴァレ」(Hamiltonstovare)と呼ばれます。
元動画は⇒こちら
ハミルトンハウンドトップへ