トップ犬の種類は行に属する犬の種類ベルガマスコシェパード

ベルガマスコシェパード

 ベルガマスコシェパードの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ベルガマスコシェパードの基本情報

ベルガマスコシェパード
  • 体高
    オス⇒ 58~62cm
    メス⇒ 54~58cm
  • 体重
    オス⇒ 32~38kg
    メス⇒ 26~32kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ベルガマスコシェパードの歴史・ルーツ

 ベルガマスコシェパードの起源は定かではありません。イランとイラクの国境ザグロス山脈付近で発達を遂げた牧羊犬が、牧草地を求めてイタリアに渡ってきたものと推測されています。
 1900年代前半になると、2つの世界大戦や羊毛産業の衰退により、一時は全く姿を見かけなくなってしまいました。しかしその後、イタリアのブリーダー、マリア・アンドレオリ(Maria Andreoli)が、40年以上血統を管理した結果、なんとか絶滅の危機を逃れることができました。
 犬名はイタリア・ロンバルディア州中部にある都市「ベルガモ」(Bergamo)に由来しています。

ベルガマスコシェパードの性格・特徴

 ベルガマスコシェパードの性格は、用心深く仕事熱心です。主人に対しては忠実ですが、外敵に対しては強い警戒心を示すこともあります。
 被毛は極めて長く豊富で、手触りはヤギのように硬く、放置すると被毛同士が絡み合いロープのように垂れ下がります。毛色は、ソリッドグレイを基調とし、そこに様々な色合いのグレイ班が入ります。ライトフォーンやオールブラックも条件付きで許容されます。

ベルガマスコシェパードのお手入れ・注意点

 ベルガマスコシェパードには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。5~6年掛けて被毛がすべてコード状になった後は、ブラッシングをする必要はなく、年に3回程度シャンプーしてあげるだけで十分だと言われています。しかしこうした特異な容姿に興味のない人は、短くトリミングしても全く問題ありません。眼球に毛が入らないよう、目の周りの無駄毛は定期的にトリミングしてあげましょう。

ベルガマスコシェパードの動画

 以下でご紹介するのはベルガマスコシェパードの動画です。
 イタリアの犬種クラブのサイトにも、犬名の正式な由来については記載されていません。ベルガモにおいてこの犬が育種されてきたのか、それともブリーディングに携わったマリア・アンドレオリ女史がこの都市出身だったのかは謎です。
元動画は⇒こちら
ベルガマスコシェパードトップへ