トップ犬の種類は行に属する犬の種類バーベイ

バーベイ

 バーベイの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

バーベイの基本情報

バーベイ
  • 体高
    オス⇒ 58cm
    メス⇒ 53cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group8(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

バーベイの歴史・ルーツ

 バーベイの起源は、フランスにおいて数百年前から水場の猟犬(ウォータードッグ)として活躍してきた犬だと考えられています。
 バーベイと思われる犬に関する記述が最初に現れたのは1300年代後半で、1500年代後半にはスタンダードを規定する最初の試みがなされています。また1587年には、フランス王アンリ4世(1553~1610)が、この犬とともに水場のハンティングを楽しんだという記録も残されています。
 現代におけるスタンダードは1890年代に規定され、プードルなど外見のよく似た他の犬達と区別されるようになっていきました。
 犬名の「Barbet」は、フランス語で「ひげ」を意味する「バルブ」(barbe)に由来しており、フランス語圏では「バルベ」、英語圏では「バーベイ」と発音されます。

バーベイの性格・特徴

 バーベイの性格は、穏やかでバランスが取れています。極端に攻撃的になったり、臆病になったりすることがあまりありません。
 被毛は長くウールのようで、紐状に絡まるくらいカールします。毛色のパターンには、ブラック、グレー、チェストナットブラウン、レッドフォーン、サンディ、ホワイトなどがあり、色合いは均一であればあるほどよいとされます。

バーベイのお手入れ・注意点

 バーベイには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。水の中が大好きなので、夏場は犬用のプールなどに入れてあげると喜ぶでしょう。被毛は長く伸び続けるため、定期的にトリミングしてあげる必要があります。縮れていて絡まりやすいので週に1~2回は軽くブラッシングしてあげましょう。

バーベイの動画

 以下でご紹介するのはバーベイの動画です。
 博物学者ビュフォンの残した博物誌「Histoire naturelle」(1750)の中には、当犬種に近い巻き毛の犬が描かれています。プードルポーチュギースウォータードッグビションフリーゼなどとも血縁関係があると考えられています。
元動画は⇒こちら
バーベイトップへ