トップ犬の種類は行に属する犬の種類ババリアンマウンテンハウンド

ババリアンマウンテンハウンド

 ババリアンマウンテンハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ババリアンマウンテンハウンドの基本情報

ババリアンマウンテンハウンド
  • 体高
    オス⇒ 44~52cm
    メス⇒ 42~48cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ババリアンマウンテンハウンドの歴史・ルーツ

 ババリアンマウンテンハウンドの起源は、ドイツ国内において古くからセントハウンドとして活躍してきたハノーバーハウンドだと考えられています。
 1848年に起こった革命後、それまで広大な猟場において行われていたハンティングが、徐々に山岳地帯へと移っていきました。猟犬として活躍していたハノーバーハウンドは、こうした険しい地形においては少し大きすぎたため、体が一回り小さい犬への需要が高まりました。こうした背景の中で1870年代に生み出されたのがババリアンマウンテンハウンドです。
 最初にこの犬のブリーディングを開始したのは、ドイツ南部のバイエルン州に住むカーク・ベーベンブルグ男爵だと言われています。彼はハノーバーハウンドに赤毛のセントハウンドを掛け合わせ、従来のものよりも軽量な猟犬を作り出しました。1912年に犬種クラブが設立されてからは少しずつ個体数を伸ばし、今日に至ります。

ババリアンマウンテンハウンドの性格・特徴

 ババリアンマウンテンハウンドの性格は、穏やかでバランスが取れています。飼い主に対しては献身的ですが、見知らぬ者に対してはよそよそしい態度をとることがあります。
 被毛は短く身体に寄り添うようにぴっちりと生えています。手触りはやや硬めで光沢はあまりありません。毛色は、ディープレッド、ディアレッド、レディッシュブラウン、タン、フォーン、レディッシュグレイなど多彩です。

ババリアンマウンテンハウンドのお手入れ・注意点

 ババリアンマウンテンハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、汚れたときには濡れタオルで拭いてあげます。

ババリアンマウンテンハウンドの動画

 以下でご紹介するのはババリアンマウンテンハウンドの動画です。
 ドイツでは「バイエルン州のセントハウンド」を意味する「Bayerischer Gebirgsschweisshund」と呼ばれています。英語の犬名にある「ババリアン」(Bavarian)は、バイエルン州の英名である「Bavaria」が由来です。
元動画は⇒こちら
ババリアンマウンテンハウンドトップへ