トップ犬の種類は行に属する犬の種類ハノーバーハウンド

ハノーバーハウンド

 ハノーバーハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ハノーバーハウンドの基本情報

ハノーバーハウンド
  • 体高
    オス⇒ 50~55cm
    メス⇒ 48~53cm
  • 体重
    オス⇒ 30~40kg
    メス⇒ 25~35kg
  • 分類
    Group(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ハノーバーハウンドの歴史・ルーツ

 ハノーバーハウンドの起源は、古くからドイツ国内において猟犬として活躍してきたセントハウンドだと考えられています。
 セントハウンドには、生きた獲物の臭跡をたどる「ライフント」(Leithund)と、傷ついた獲物の血の匂いをたどる「シュヴァイスフント」(Schweisshund)とがいました。これら2つのセントハウンドは、1700年代末から1800年代初頭にかけ、広大な猟場があった北ドイツの主要都市ハノーファーで緩やかに混じり合い、今日のハノーバーハウンドの原型になった考えられます。

ハノーバーハウンドの性格・特徴

 ハノーバーハウンドの性格は、穏やかで自信に満ち溢れています。飼い主に対しては忠実ですが、見知らぬ者に対しては警戒心を示すことがあります。匂いに対する執着が強いため、飼い主を無視して追跡に没頭してしまうこともしばしばです。
 被毛は短く手触りは硬めです。毛色はディアレッドを基調とし、そこにブリンドルが入ります。胸元の小さいホワイト班は許容されます。

ハノーバーハウンドのお手入れ・注意点

 ハノーバーハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

ハノーバーハウンドの動画

 以下でご紹介するのはハノーバーハウンドの動画です。
 ドイツ語では「ハノーファーのブラッドハウンド」を意味する「ハノーファシャーシュヴァイスフント」(Hannoverscher Schweisshund)という名で呼ばれています。バイエルン州出身のババリアンマウンテンハウンドには、この犬種が基礎血統として用いられています。
元動画は⇒こちら
ハノーバーハウンドトップへ