トップ犬の種類さ行に属する犬の種類サービアントライカラーハウンド

サービアントライカラーハウンド

 サービアントライカラーハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

サービアントライカラーハウンドの基本情報

サービアントライカラーハウンド
  • 体高
    オス⇒ 45~55cm
    メス⇒ 44~54cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

サービアントライカラーハウンドの歴史・ルーツ

 サービアントライカラーハウンドの起源は、サービアンハウンド同様、古くからバルカン半島やアナトリア半島において育種されてきたセントハウンドだと考えられています。
 長らくサービアンハウンドの1亜種であると考えられてきましたが、1946年にスタンダードが作成され、別犬種として独立しました。1950年、セルビアの首都ベオグラードで開催された国際ドッグショーにおいてデビューを飾り、1961年にはベルギーに本拠地を持つFCIで「ユーゴスラヴィアントライカラーハウンド」の名で公認されています。現在名に変更されたのは、1991年以降のことです。
 地元セルビアでは、「セルビアの3色ハウンド」を意味する「スルプスキトロボミニゴニッチ」(Srpski Trobojni Gonic)と呼ばれています。

サービアントライカラーハウンドの性格・特徴

 サービアントライカラーハウンドの性格は献身的で優しく、元気いっぱいです。
 被毛はダブルコートで短く、体に沿ってぴっちりと寄り添うように生えています。腿の裏と尻尾の裏側の毛はやや長めになります。地色はディープレッド~フォクシーレッド(キツネ色)で、その上にブラックのマントやサドルが乗ります。さらにホワイトが、マズル、首周り、胸元、四肢の先端、腹部に入り、全体でトライカラー(3色)を形成します。

サービアントライカラーハウンドのお手入れ・注意点

 サービアントライカラーハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳のチェックも週一くらいで行ってあげます。

サービアントライカラーハウンドの動画

 以下でご紹介するのはサービアントライカラーハウンドの動画です。
元動画は⇒こちら
サービアントライカラーハウンドトップへ