トップ犬の種類さ行に属する犬の種類サービアンハウンド

サービアンハウンド

 サービアンハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

サービアンハウンドの基本情報

サービアンハウンド
  • 体高
    オス⇒ 46~56cm
    メス⇒ 44~54cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

サービアンハウンドの歴史・ルーツ

 サービアンハウンド(セルビアンハウンド)の起源は、古くからバルカン半島やアナトリア半島において育種されてきたセントハウンドだと考えられています。
 1924年に最初のスタンダードが作成され、1940年にはベルギーに本拠地を持つFCIによって「バルカンセントハウンド」という名で登録されました。1996年、コペンハーゲンで開催されたミーティングにおいて、この犬の血統を長らく管理していたユーゴスラビアの犬種協会の提案を受け、現在名である「サービアンハウンド」に変更されています。
 現地セルビアの言葉では「セルビアのハウンド」を意味する「スルプスキゴニッチ」(Srpski Gonic)と呼ばれます。

サービアンハウンドの性格・特徴

 サービアンハウンドの性格は、元気いっぱいで穏やかです。群れで行動する習性が強いため、人との間に強い結びつきを形成します。
 被毛はダブルコートで短く、体に沿ってぴっちりと寄り添うように生えています。腿の裏と尻尾の裏側の毛はやや長めになります。毛色はイエローレッド~ラストの地色に、ブラックのマントやサドルが入ります。胸元に入るコイン大のホワイトマーキングは許容範囲です。

サービアンハウンドのお手入れ・注意点

 サービアンハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳のチェックも週一くらいで行ってあげます。

サービアンハウンドの動画

 以下でご紹介するのはサービアンハウンドの動画です。
 11世紀に「Frank Laska」という名の人物がこの犬種と思われるセントハウンドに関する記述を残しています。
元動画は⇒こちら
サービアンハウンドトップへ