トップ犬の種類さ行に属する犬の種類サーロースウルフドッグ

サーロースウルフドッグ

 サーロースウルフドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

サーロースウルフドッグの基本情報

サーロースウルフドッグ
  • 体高
    オス⇒ 65~75cm
    メス⇒ 60~70cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

サーロースウルフドッグの歴史・ルーツ

 サーロースウルフドッグは1930年代、ジャーマンシェパードとオオカミを掛け合わせることで生まれた犬種です。
 1932年、オランダのリンデルト・サーロース(Leendert Saarloos, 1884~1969)という人物が、より野性味の強い犬を作り出そうと、「ジェラール」(Gerard)という名のオスのジャーマンシェパードに、「フルーリ」(Fleuri)という名のメスのオオカミをかけ合わせました。その後、誕生したメスの個体を再び父親とかけ合わせて生まれた、オオカミの血を1/4だけ受け継いだ個体が、サーロースウルフドッグの原型です。
 この混血種は作出当初、「ヨーロピアンウルフドッグ」(European Wolfsdog)と呼ばれ、盲導犬を始めとする使役犬として活躍しました。しかしその後、オオカミの血統が強く前面に出てくると共に作業犬としての資質を失っていき、活躍の場は徐々に少なくなっていきました。
 1975年、オランダ国内の犬種クラブにおいて「サーロースウルフホンド」(Saarlooswolfhond)という名で公認され、1981年にはFCIにも公認されています。

サーロースウルフドッグの性格・特徴

 サーロースウルフドッグの性格は、元気いっぱいでエネルギーに満ち溢れています。独立心が強く自由気ままなところがありますが、主人に対しては従順です。慣れない環境においては非常に気後れし、すぐに逃げ出そうとします。
 見た目は狼に近く、長い四肢を持ち、優雅な歩き方をします。冬場はアンダーコートが豊富に生え揃い、アウターコートと相まって厚い防寒具になりますが、夏場はアンダーコートが抜け落ち、アウターコートメインの薄い肌着になります。毛色は、「ライト~ダークシェイドブラック」(ウルフグレイ)、「ライト~ダークシェイドブラウン」(ボス)、「ライトクリームホワイト~ホワイト」などです。

サーロースウルフドッグのお手入れ・注意点

 サーロースウルフドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。FCIの記述によると「慣れない環境におけるよそよそしい態度や、すぐに逃げ出そうとするオオカミ気質は、犬種固有の特性として保持されるべきである」とあります。ですから誰からも好かれる愛玩犬にはなかなかなりづらいと言えるでしょう。換毛期においては大量の抜け毛が出ますので、毎日のブラッシングが必要となります。

サーロースウルフドッグの動画

 以下でご紹介するのはサーロースウルフドッグの動画です。
元動画は⇒こちら
サーロースウルフドッグトップへ