トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンスパニエル

ジャーマンスパニエル

 ジャーマンスパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンスパニエルの基本情報

ジャーマンスパニエル
  • 体高
    オス⇒ 48~54cm
    メス⇒ 45~52cm
  • 体重
    18~25kg
  • 分類
    Group8(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンスパニエルの歴史・ルーツ

 ジャーマンスパニエルの起源は、1800年代中ごろ、ドイツ・バイエルン州のシュタウフェンベルクという都市にいた「Lord Augusta」という名の猟犬だと言われています。この犬を元にしてブラウンやホワイトブラウンの犬が選択繁殖されるようになり、その後ブラウンローン(ホワイトとブラウンが均一に交じり合う)も仲間に加わるようになりました。
 1900年代には、猟犬を用いたハンターで、狩猟に関する数多くの著作を残したルドルフ・フリース(1881~1965)が、犬種の洗練に関わったと言われています。ベルギーに本拠地を持つFCIでは「ドイチェ・ヴァッテルフント」(Deutscher Wachtelhund, ドイツのウズラ犬)という名で登録されていますが、本国ドイツ以外ではあまり知られていない、希少犬種の1つです。

ジャーマンスパニエルの性格・特徴

 ジャーマンスパニエルの性格は、快活で仕事好きです。非常に穏やかで人間に対しては友好的な態度を示します。嗅覚が鋭く、また水中から物を回収することも得意です。
 被毛は長くスムースです。軽くウェーブやカールがかかることもあります。毛色のパターンには、ソリッドブラウンとブラウンローンがあります。

ジャーマンスパニエルのお手入れ・注意点

 ジャーマンスパニエルには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、もつれや絡みを防ぐため、週に1~2回のブラッシングを基本とします。また耳のチェックは、週に1回程度が理想です。

ジャーマンスパニエルの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンスパニエルの動画です。
 ジャーマンスパニエルの作出過程では、ドイツに古くからいた「ストゥーベラー」(Stoeberer)と呼ばれる、現在では絶滅してしまった犬種が用いられたと言われています。ドイツ国内で犬種として独立したのは1903年のことです。
元動画は⇒こちら
ジャーマンスパニエルトップへ