トップ犬の種類な行に属する犬の種類日本スピッツ

日本スピッツ

 日本スピッツの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

日本スピッツの基本情報

日本スピッツ
  • 体高
    30~38cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group5(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

日本スピッツの歴史・ルーツ

 日本スピッツは、1920年代から30年代にかけ、数多くのスピッツタイプの犬を掛け合わせることで作出された犬種です。
 1921年、東京で開催されたドッグショーにおいて、海外から輸入されたホワイトのジャーマンスピッツが初登場したことをきっかけとして、数多くのスピッツタイプが日本国内に輸入されるようになりました。この流行は1930年代半ばまで続きましたが、戦争の勃発によって一時中断してしまいます。第二次世界大戦後にスタンダードが作成され、1948年、ジャパンケネルクラブ(JKC)に公認されました。
 1950年代、日本が高度経済成長期に入ると共に人気が高まり、スウェーデンに輸出されるようになりました。その後1970年代、イギリスへ渡って犬種協会(KC)の公認を受けてからはさらに勢力を拡大し、インド、オーストラリア、アメリカなどでも見かけるようになりました。ただしアメリカのAKCにおいては白のポメラニアンアメリカンエスキモードッグサモエドと明確な区別がつかないという理由で、いまだに公認されていません。

日本スピッツの性格・特徴

 日本スピッツの性格は、快活で元気いっぱいです。
 身体は、ふさふさのダブルコート、ピンと立った耳、くるっと巻き上がった尻尾など、スピッツ特有の外観を有しています。被毛の色はホワイト一色です。健康面では膝蓋骨脱臼や流涙症への注意が必要です。

日本スピッツのお手入れ・注意点

 日本スピッツには、毎日30分~1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。色は真っ白で汚れが目立つため、気になる場合はシャンプーをしてあげましょう。

日本スピッツの動画

 以下でご紹介するのは日本スピッツの動画です。
 現在日本には、従来からいた日本スピッツの子孫のほか、逆輸入という形で国内に入ってきた個体もいます。かつては「神経質で鳴き声がうるさい」という評判が流布していましたが、近年この傾向は緩和されているようです。
元動画は⇒こちら
日本スピッツトップへ