トップ犬の種類な行に属する犬の種類ノルウェジアンルンデフント

ノルウェジアンルンデフント

 ノルウェジアンルンデフントの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ノルウェジアンルンデフントの基本情報

ノルウェジアンルンデフント
  • 体高
    オス⇒ 30~40cm
    メス⇒ 30~40cm
  • 体重
    オス⇒ 6~7kg
    メス⇒ 6~7kg
  • 分類
    ノンスポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ノルウェジアンルンデフントの歴史・ルーツ

 ノルウェジアンルンデフントは、ノルウェーを原産とするスピッツタイプ(立ち耳と巻き尾などオオカミと多くの共通点を有する)の小型犬で、ツノメドリ猟に用いられていたことから「パフィンドッグ」(Puffin Dog, puffinはツノメドリの意)とも呼ばれます。
ノルウェジアンルンデフントの獲物・ツノメドリ(Puffin)  1600年代、ノルウェーの海岸地帯でツノメドリやその卵を獲るために飼育されてきました。これは柔軟な体が人間の立ち入れない崖や洞穴でのハンティングに適していたためです。しかし1900年代までには、新たな猟法の発展や犬税の導入などの影響で、ノルウェーの人里離れた少数の村にのみ存在する希少な犬種となっていました。さらに第二次世界大戦の勃発やジステンパーの蔓延が追い討ちをかけ、一時は絶滅の危機に瀕します。1963年に再びジステンパーが流行すると、個体数はわずか6頭にまで激減しましたが、その後に行われた慎重な計画繁殖により徐々に頭数を増やし、現在では2000頭近くにまで回復しています。
 2011年、ノンスポーティンググループでAKCに公認されました。なお、「Lunde」はノルウェー語で「ツノメドリ」を意味する「lundefugl」から、そして「hund」は「犬」を意味します。

ノルウェジアンルンデフントの性格・特徴

 ノルウェジアンルンデフントの性格は快活で好奇心旺盛です。頑固で独立心が強いことでもしられており、見知らぬものには警戒心を示すこともあります。
ノルウェジアンルンデフントの多指  ノルウェジアンルンデフントの大きな特徴のひとつは、関節の可動域が広いことです。首を反らせて額を背中にくっつけたり、人間が腕を広げるように前足を水平に広げたりすることができます。首の柔軟性に関して上記芸当ができるのは、この犬とトナカイだけだと言われており、小さな巣穴にもぐりこむときなどに役立ちます。また多指である点も大きな特徴で、前後の足に関節と筋肉を持った5~6本目の指が存在しています。さらに前足には8つ、後足には7つという具合に、通常の犬よりも多くの肉球をもっており、こうした足の特長は急峻な岩場や崖で体を安定させることに役立っています。

ノルウェジアンルンデフントのお手入れ・注意点

 ノルウェジアンルンデフントのお手入れは、抜け毛が多いほうなので最低でも週1回のブラッシングと、換毛期における特別なケアが必要です。また外を駆け回ることが大好きなので、毎日コースを変えながら長めの散歩をしてあげるとよいでしょう。
 健康面では「ルンデフント症候群」(Lundehund Syndrome)と呼ばれる犬種固有の病気があります。これは腸内細菌が繁殖しすぎて栄養失調に陥るというもので、症状としては原因不明の食欲の減退、体重の減少、下痢や嘔吐、ジャンプや運動をしなくなるなどです。

ノルウェジアンルンデフントの動画

 以下でご紹介するのはノルウェジアンルンデフントの動画です。
元動画は⇒こちら
ノルウェジアンルンデフントトップへ