トップ犬の種類な行に属する犬の種類ノールボッテンスペッツ

ノールボッテンスペッツ

 ノールボッテンスペッツの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ノールボッテンスペッツの基本情報

ノールボッテンスペッツ
  • 体高
    オス⇒ 43~47cm
    メス⇒ 40~44cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ノールボッテンスペッツの歴史・ルーツ

 ノールボッテンスペッツの起源は定かではありません。先史時代からスカンジナビア半島の過酷な環境の中で、先住民と共に暮らしてきたスピッツタイプの犬が元になっていると考えられています。
 ふさふさの被毛は長らく高品質の毛皮として用いられてきましたが、第二次世界大戦後、毛皮に対する需要が縮小すると同時に、この犬種に対する興味も薄らいでいきました。あまりにも頭数が少なくなってしまったため、 1940年代には一時、スウェーデンの犬種クラブが絶滅を宣言したくらいです。
 その後、スウェーデンとフィンランドに挟まれるボスニア湾北部のノールボッテン地方において、他の犬種との交雑が少ない血統が発見され、熱心な愛好家による復興計画が開始されました。その結果、1967年に地元の犬種クラブで公認され、ベルギーに本拠地を持つFCIにおいても公認されています。
 犬名は、スウェーデン語で「ノールボッテン地方のスピッツ」を意味しています。

ノールボッテンスペッツの性格・特徴

 ノールボッテンスペッツの性格は、大胆で注意深く、自信に満ち溢れています。
 身体は、ふさふさのダブルコート、ピンと立った三角形の耳、くるっと巻き上がった尻尾など、スピッツタイプ特有の外観を有しています。毛色はホワイト一色で、そこに輪郭がくっきりしたレッド~イエローの大きめな班が入ります。

ノールボッテンスペッツのお手入れ・注意点

 ノールボッテンスペッツには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ノールボッテンスペッツの動画

 以下でご紹介するのはノールボッテンスペッツの動画です。
 英語圏においては「Norrbottenspitz」、フィンランドにおいては、「北欧スピッツ」を意味する「Pohjanpystykorva」と呼ばれています。
元動画は⇒こちら
ノールボッテンスペッツトップへ