トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アザワク

アザワク

 アザワクの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

アザワクの基本情報

アザワク
  • 体高
    オス⇒ 64~74cm
    メス⇒ 60~70cm
  • 体重
    オス⇒ 20~25kg
    メス⇒ 15~20kg
  • 分類
    Group 10(FCI)/Miscellaneous(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アザワクの歴史・ルーツ

 アザワクの起源は、アフリカ・サハラ南部において、遊牧民たちと共に暮らしてきたサイトハウンドです。マリ共和国、ニジェール、ブルキナファソなどで、猟犬、番犬として数百年に渡り活躍してきました。バセンジースルーギ 、ジャッカルなどと血縁関係があると推測されています。
 ヨーロッパに紹介されたのは1970年代に入ってからで、以後徐々にファンを増やしています。

アザワクの性格・特徴

 アザワクの性格は、敏捷で注意深く、一度心を許した人に対しては深い愛情を示します。しかし見知らぬ者に対してはよそよそしく、近づきがたい面もあります。
 被毛は密で短く、色はライトサーブルからダークフォーンまでのあらゆる色合いが認められています。ブラックやブラウンの鼻、まっすぐ突き出した長いマズル、アーモンド型の大きな目、肉付きの良い首、長い足などが特徴です。薄い皮膚を通して骨格と筋肉を見て取ることができます。弾むような軽やかな歩き方が理想とされます。

アザワクのお手入れ・注意点

 アザワクには、毎日豊富な運動させる必要があります。一日最低でも1~2時間は散歩に付き合ってあげましょう。被毛は短いため手入れは簡単です。週に1度ブラッシングをし、汚れた時は濡れタオルで拭いてあげましょう。垂れ耳のため、耳のチェックは週に1回行うようにします。

アザワクの動画

 以下でご紹介するのはアザワクの動画です。
 ヨーロッパに初めて紹介されたのは1970年代です。 80年代に入るとアメリカにも持ち込まれ90年代に入ると、ブリンドルやパーティカラーなど、様々な被毛パターンのアザワクが繁殖されるようになりました。四肢の末端にはホワイトのポイントが入ります。
元動画は⇒こちら
アザワクトップへ