トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アメリカンヘアレステリア

アメリカンヘアレステリア

 アメリカンヘアレステリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

アメリカンヘアレステリアの基本情報

アメリカンヘアレステリア
  • 体高
    18~45.7cm
  • 体重
    2.5~12kg
  • 分類
    Miscellaneous
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アメリカンヘアレステリアの歴史・ルーツ

 アメリカンヘアレステリアは、 1980年代、ラットテリアを元にして生み出された無毛犬種です。
 1972年、アメリカ・ルイジアナ州に暮らすエドウィンとウィリーのスコット夫妻の元で、「ジョセフィーヌ」という名の無毛犬が生まれました。この犬の容姿に感銘を受けた夫妻は、無毛遺伝子を後世に残そうとブリーディングを開始します。それから9年後の1981年、オスとメスの無毛の子犬がようやく誕生し、アメリカンヘアレステリアの基礎犬となりました。
 1998年、希少犬種を統括する「American Rare Breeds Association」で公認され、2004年にはUKCでも公認されています。

アメリカンヘアレステリアの性格・特徴

 アメリカンヘアレステリアは頭がよく、好奇心旺盛で元気いっぱいです。祖先であるテリアの気質を受け継ぎ、穴掘りが好きで、小さな動物を追いかける傾向があります。水泳が苦手なため、水のある場所では常に監視して下さい。
 皮膚は白地の上にブラック、ブルー、ピンク、ブラウン、タン、サーブルなど様々な模様が入ります。被毛がないため怪我をしやすく、また暑さと寒さ両方に弱いことも特徴です。目の色にはブラウン、ブルー、グレー、アンバー、ターコイズなどのバリエーションがあります。
 優性遺伝によって形質を伝える他のヘアレス犬種とは違い、この犬種の無毛は劣性遺伝によって伝わります。歯の欠落やその他の無毛遺伝子に関連した疾病が見られないことが大きな特徴です。アメリカ・ヒトゲノム研究所の調査により、アメリカンヘアレスの無毛は29番染色体に含まれる「SGK3遺伝子」の欠失変異によって生み出されることが確認されました。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

アメリカンヘアレステリアのお手入れ・注意点

 メリカンヘアレステリアには毎日の運動が必要です。一日最低でも30分程度は散歩に連れ出してあげましょう。ただし紫外線を避けるため、日中の外出を控え、朝方や夕方に散歩するようにします。皮膚の手入れは、汚れた時に濡れタオルで軽く拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。冬場はドッグウェアなどを着せ、低体温に陥らないよう工夫します。

アメリカンヘアレステリアの動画

 以下でご紹介するのはアメリカンヘアレステリアの動画です。
 無毛同士を掛け合わせると100%の確率で無毛の子犬が産まれます。一方、無毛と有毛を掛け合わせて有毛が生まれたり、また有毛と有毛を掛け合わせて無毛が生まれるということもありえます。これは、アメリカンヘアレステリアの無毛遺伝子が劣性だから起こる現象です。
元動画は⇒こちら
アメリカンヘアレステリアトップへ