トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スタンダードシュナウザー

スタンダードシュナウザー

 スタンダードシュナウザーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

スタンダードシュナウザーの基本情報

スタンダードシュナウザー
  • 体高
    オス⇒ 47~50cm
    メス⇒ 44~47cm
  • 体重
    オス⇒ 23~25kg
    メス⇒ 23~25kg
  • 分類
    ワーキンググループ

スタンダードシュナウザーの歴史・ルーツ

 スタンダードシュナウザーを始めとするシュナウザー種(Schnauzer)には「ミニチュア」、「スタンダード」、「ジャイアント」の3種がありますが、「スタンダードシュナウザー」が他の2種の原型です。
 ドイツにおいては非常に古い歴史をもつ犬種で、15~16世紀当時の絵画や彫刻では、既にその姿を見て取ることができます。主産地はヴュルテンベルグやバイエルン地方と考えられており、作出当初は害獣駆除犬や愛玩対象として用いられていました。
ウルフ・スピッツ  現在の姿が出来上がったのは1800年代になってからで、作出に当たっては、ワイヤーヘアード・ピンシャー、ブラックのジャーマン・プードル、グレーのウルフ・スピッツなどが用いられたと考えられています。シュナウザーの被毛が粗く硬い針金状なのは、ウルフ・スピッツ(写真右)の影響が強いようです。
 1800年代後半から1900年代初頭にかけてのシュナウザーは「人間の頭脳を持った犬」と呼ばれ、猟犬、番犬、警察犬、護衛犬、戦時中には伝令犬、救護犬など、多方面にわたって活躍する万能犬でした。
 犬名は、ドイツ語で「あごひげ」を意味する「シュナウツ」(schnauz)に由来しています。なおドッグショーに初めて登場した1879年当時は「ワイヤーヘアード・ピンシャー」(ピンシャーはドイツ語でテリアの意味)と呼ばれていました。1890年代に入り、同腹子の中から直毛のものだけを選び出して犬種確立させたのが ジャーマンピンシャーです。

スタンダードシュナウザーの性格・特徴

 スタンダードシュナウザーの性格は聡明、献身的です。近年では警護犬やコンパニオン・ドッグとして飼育される事が多くなっています。
 身体は、柔らかい下毛と硬く針金のような上毛の二層被毛で覆われおり、この被毛が厳しい自然環境から体を守ってくれます。また、硬い顎ひげと目の上の毛が、この犬種を始めとするシュナウザー種の大きな特徴となっています。色はソルトアンドペッパーがほとんどで、まれにブラックが見られます。

スタンダードシュナウザーのお手入れ・注意点

 スタンダード・シュナウザーは、毎日の長時間の散歩や運動が必要です。かなりの運動量を必要とする犬種ですので、飼う方は自身が運動好きでなくては務まりません。粗くて硬い被毛には、1週間に2回程度のコーミング、さらに年に4回ほどのトリミングが必要です。死毛を指で引き抜く「ストリッピング」を定期的に行ってあげましょう。

スタンダードシュナウザーの動画

 以下でご紹介するのはスタンダードシュナウザーの動画です。
 2010年、イリノイ州のブルーミントンで開催されたドッグショーの模様です。
元動画は⇒こちら
スタンダードシュナウザートップへ