トップ犬の健康と病気犬の呼吸器の病気犬の横隔膜ヘルニア

犬の横隔膜ヘルニア

 犬の横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の横隔膜ヘルニアの病態と症状

 犬の横隔膜ヘルニアとは、胸部と腹部とを隔てている横隔膜が破れたり裂けたりして、腹部の臓器が傷口から飛び出してしまった状態のことです。横隔膜(おうかくまく)とは 、肺や心臓のある胸腔(きょうくう)と、胃や腸などがある腹腔(ふっくう)とを分け隔てる膜で、筋肉によってできています。 横隔膜の模式図  この横隔膜に損傷が生じてしまうと、腹部の臓器が胸腔内の臓器を圧迫し、呼吸困難などの症状を引き起こします。これが横隔膜ヘルニアです。ちなみに「ヘルニア」とは穴や裂け目がない場所に穴ができ、内容物が外に出てしまうことをいい、これが背骨の間に挟まっている椎間板で発生すると椎間板ヘルニア、へそで発生すると臍ヘルニアと呼ばれます。 人における横隔膜ヘルニアの模式図  犬の横隔膜ヘルニアの症状としては以下のようなものが挙げられます。
犬の横隔膜ヘルニアの主症状
  • ぐったりして元気がない
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 腹痛(触られると痛がる)
  • 呼吸困難
犬の横隔膜ヘルニアトップへ

犬の横隔膜ヘルニアの原因

 犬の横隔膜ヘルニアの原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の横隔膜ヘルニアの主な原因
  • 先天性  先天的に横隔膜に奇形があり、ヘルニアを生じている場合があります。この場合、子犬の頃から症状を見せ始めますが、全くの無症状であることも少なくありません。好発品種はワイマラナーアメリカンコッカースパニエルイングリッシュコッカースパニエルです。
  • 外傷  成犬の横隔膜ヘルニアのほとんどは外傷が原因です。交通事故、落下、衝突など、胸部に大きな衝撃が加わるあらゆる外傷が原因となりえます。どんな年齢でも発生しますが、外界に対する危機意識が薄く、活動性が高い1歳未満の犬の方が要注意です。
犬の横隔膜ヘルニアトップへ

犬の横隔膜ヘルニアの治療

 犬の横隔膜ヘルニアの治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の横隔膜ヘルニアの主な治療法
  • 経過観察  目立った症状を示していない軽症の場合は、そのまま何もせず様子見という措置がとられることがあります。
  • 外科手術  呼吸困難などの症状が出ている重症例では、外科手術による横隔膜の修復が行われることがあります。先天性ヘルニアの場合はなるべく早めの手術がよいとされています。
 外傷性ヘルニアの場合、発症から24時間以内の手術は死亡率を高めるため、まずは容態が安定するのを待つのが一般的とされてきました。しかし2016年の報告(→出典)では、周術期の死亡率を高めているのは「麻酔と手術を受けている時間」、「軟部組織の外傷」(4.3倍増)、「軟部組織の外傷+整形外科的な外傷」(7.3倍増)、「要酸素吸入」(5倍増)という因子であり、外傷から手術を受けるまでの期間や外傷から入院するまでの期間、および入院してから手術を受けるまでの期間は生存率と無関係だったとされています。調査チームは「24時間待機することにはデータ的な根拠がなく推奨できない」と結論づけていますので、従来の常識が見直されるかもしれません。ちなみにこの調査では、外傷を受けてから入院までの期間が14日以下の「急性外傷ヘルニア」(48頭)の生存率が79.2%、14日超の「慢性外傷ヘルニア」(31頭)の生存率が80.6%でした。
犬の横隔膜ヘルニアトップへ