トップ犬の種類あ行に属する犬の種類イングリッシュコッカースパニエル

イングリッシュコッカースパニエル

 イングリッシュコッカースパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

イングリッシュコッカースパニエルの基本情報

イングリッシュコッカースパニエル
  • 体高
    オス⇒ 39~41cm
    メス⇒ 38~39cm
  • 体重
    オス⇒ 13~15kg
    メス⇒ 12~14kg
  • 分類
    スポーティンググループ

イングリッシュコッカースパニエルの歴史・ルーツ

 イングリッシュ・コッカースパニエルの起源は、14世紀頃イギリスに持ち込まれたスペイン系の猟犬種、いわゆるスパニエルです。このスパニエルは狩猟タイプやサイズによって、ランド・スパニエル、ウォーター・スパニエル、トイ・スパニエルなどに分類されて行きますが、コッカースパニエルの祖先犬はランド・スパニエルの最も小型の犬種ではないかと考えられています。
 17世紀頃までイングリッシュ・コッカースパニエルは、同じくランド・スパニエルの代表犬種であるスプリンガースパニエルと区別されていませんでした。両者が区別されるようになったのは、1885年に「スパニエルクラブ」が発足して両者のスタンダードが規定され、1893年に英国内の「ケネルクラブ」が両者を別犬種として公認してからです。
イングリッシュ・コッカースパニエルの親戚に当たるアメリカン・コッカースパニエル  イングリッシュ・コッカースパニエルがアメリカに渡ってからは、サイズがやや小さくなり、口吻も短くなり、被毛色もバラエティ豊かになって、いわゆるアメリカン・コッカースパニエル(写真右)として独立していきます。
 イングリッシュ・コッカースパニエルの犬名は、猟場においてヤマシギ(woodcock)を始めとする鳥などを驚かせて飛び立たせる役割を担っていたことにちなんでいます。

イングリッシュコッカースパニエルの性格・特徴

 イングリッシュ・コッカースパニエルの性格は極めて温厚で人なつこく、社交的です。放っておかれるのが嫌いなので屋外飼育には向いていません。また身体は、獲物をくわえて運びやすいように鼻口部が幅広くなっており、体高が体長よりわずかに高くなっています。被毛は絹のように柔らかく、まっすぐか、少々ウェーブがかかっています。
 この犬種はごくまれに「激怒症候群」(Rage Syndrome)と呼ばれる発作を見せることがあります。これは何の脈絡も無く突然攻撃的になるというものです。ケンブリッジ大学が1,000頭の犬を対象にして行った調査によると、ゴールドやレッドの単色系の個体に出やすいと言われています。

イングリッシュコッカースパニエルのお手入れ・注意点

 垂れ耳のため外耳炎にかかりやすい犬種です。まめに耳掃除をしてあげましょう。またアメリカン・コッカースパニエルに比べると被毛の量も少なく、伸びも遅いです。耳の内側や胸、四肢の飾り毛の辺りは汚れがたまりやすいので、毎日のブラッシングが必要となります。

イングリッシュコッカースパニエルの動画

 以下でご紹介するのはイングリッシュコッカースパニエルの動画です。
 イングリッシュコッカースパニエルが現在の姿かたちに落ち着いたのは、19世紀後半になってからです。アメリカでは体高が低く胴の長い体型が好まれたのに対し、イギリスでは足が長くてリトリーブ(回収)能力の高い体型が好まれました。こうした背景から1930年代、コッカースパニエルはアメリカとイギリスにおいて別々の標準化を遂げます。結果1946年、両者は別の主としてそれぞれ独立しました。
元動画は⇒こちら
イングリッシュコッカースパニエルトップへ