トップ犬の健康と病気犬の感覚器の病気犬の目の病気チェリーアイ

犬のチェリーアイ

 犬のチェリーアイについて病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬のチェリーアイの病態と症状

 犬のチェリーアイとは、第三眼瞼(だいさんがんけん, 瞬膜とも)の裏側にある腺が炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態のことです。正式には「第三眼瞼腺脱出」と言いますが、外に盛り上がった状態がさくらんぼに似ていることから「チェリーアイ」と呼ばれます。 犬のチェリーアイ~目頭から瞬膜が飛び出し、さくらんぼのように丸く飛び出している  犬のチェリーアイの症状としては以下のようなものが挙げられます。
チェリーアイの主症状
  • 第三眼瞼の突出(片側/両側)
  • 目をこすろうとする
犬のチェリーアイトップへ

犬のチェリーアイの原因

 犬のチェリーアイの原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
チェリーアイの主な原因
犬のチェリーアイトップへ

犬のチェリーアイの治療

 犬のチェリーアイの治療法としては、主に以下のようなものがあります。
チェリーアイの主な治療法
  • 点眼薬  症状が軽度の場合は、腫れを小さくする目的で点眼薬が処方されることがありますが、あまり効果を上げないことが多いようです。
  • 第三眼瞼腺切除  麻酔下で飛び出している第三眼瞼腺自体を切除してしまいます。しかしこの腺は涙のほぼ半分を産生しているため、切除後はドライアイなどの違った症状を引き起こしてしまうこともしばしばです。ですから第一に考慮される治療法ではありません。
  • 第三眼瞼腺埋没  第三眼瞼腺を第三眼瞼に縫い付けて、外に飛び出さないようにする手術です。
犬のチェリーアイトップへ