トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スウェーディッシュラップフント

スウェーディッシュラップフント

 スウェーディッシュラップフントの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スウェーディッシュラップフントの基本情報

スウェーディッシュラップフント
  • 体高
    オス⇒ 45~51cm
    メス⇒ 40~46cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スウェーディッシュラップフントの歴史・ルーツ

 スウェーディッシュラップフントの起源は定かではありません。紀元前、ラップランド(ノルウェー北部、スウェーデン、フィンランド、ロシア北東部)にサーミ人が移住してきた頃から、この地で数千年にわたって育種されてきたと考えられています。
 1700年代半ばになり、トナカイの家畜化が始まると、それまで猟犬や護衛犬として活躍してきたこの犬の重要度は一層増しました。
 1903年、「Halli」という名の犬がスウェーデンの犬種協会で公認され、1944年にはベルギーに本拠地を持つFCIでも公認されました。1960年代から複数の犬舎が繁殖に努めた結果、現在ではヨーロッパ各地でちらほらと見かけることができるようになっています。

スウェーディッシュラップフントの性格・特徴

 スウェーディッシュラップフントの性格は、元気いっぱいで愛情豊かです。仕事が大好きで、しつけにも比較的よく反応します。
 体はスピッツタイプで、ピンと立った三角の耳、背中にくるっと巻き上がった尻尾などを特徴としています。被毛は、豊富なアンダーコートと長いアウターコートからなるダブルコートです。毛色は黒かブラウン一色が基本です。胸元や足先、尻尾の先に入るわずかなホワイトは許容されます。

スウェーディッシュラップフントのお手入れ・注意点

 スウェーディッシュラップフントには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

スウェーディッシュラップフントの動画

 以下でご紹介するのはスウェーディッシュラップフントの動画です。
 7000年前のものと思われる骨が発掘されたことから、世界で最も古いタイプの犬だと考えられています。同じくスカンジナビア半島出身のラップフントとしては、フィニッシュラップフントが有名です。
元動画は⇒こちら
スウェーディッシュラップフントトップへ