トップ犬の種類か行に属する犬の種類グリフォンフォーブドブルターニュ

グリフォンフォーブドブルターニュ

 グリフォンフォーブドブルターニュの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

グリフォンフォーブドブルターニュの基本情報

グリフォンフォーブドブルターニュ
  • 体高
    48~56cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

グリフォンフォーブドブルターニュの歴史・ルーツ

 グリフォンフォーブドブルターニュは、フランスのブルターニュ地方で発達したセントハウンドの一種です。フランス王フランソワ1世(1494~1547)が狩猟に用いていたことで知られています。
 1800年代に入りフランスからオオカミがいなくなると、役割を失ったこの犬の数も徐々に減ってきました。2つの大戦を挟みほとんど絶滅状態にありましたが、1900年代半ば頃から、マルセル・パンブランが犬種クラブを設立し、少数の農家やハンターたちが飼っていた純血種をかき集めることに尽力しました。1980年に入る頃には個体数も回復し、亜種である「バセフォーブドブルターニュ」も誕生しています。
 犬名の「griffon」は「粗い毛の犬」、「fauve」は「黄褐色」、「Bretagne」はフランス北西部にある半島を意味します。英語圏では「フォーンブリタニーグリフォン」(Fawn Brittany Griffon)と呼ばれます。

グリフォンフォーブドブルターニュの性格・特徴

 グリフォンフォーブドブルターニュの性格は、人懐こく愛情深い反面、やや頑固な側面も持っています。
 被毛は中程度の長さで、毛先は外側に向かって刺のように突き出すシャギースタイルです。ウールのようにフワフワだったりカールしているものは望ましくないとされます。毛色は犬名が示す通り黄褐色で、ゴールデンウィートン(小麦色)からレッドブリック(レンガ色)までのバリエーションがあります。黒い毛がちらほら入る程度はよしとされます。

グリフォンフォーブドブルターニュのお手入れ・注意点

 グリフォンフォーブドブルターニュには毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期には指先で死毛を抜いてあげるプラッキングを施してあげましょう。また、眼球周辺の無駄毛は定期的にトリミングしてあげます。

グリフォンフォーブドブルターニュの動画

 以下でご紹介するのはグリフォンフォーブドブルターニュの動画です。
元動画は⇒こちら
グリフォンフォーブドブルターニュトップへ